愛していた美沙と別れさせられて、
「婚約者」を紹介された。

右手に「闇蟲」を飼った、
「おとこ」だった。

「じゃ、私たちはこれで……」

男たちは様々な祝言を述べた後、
にこやかに去っていった。貼付けられた笑顔が悪夢のようだった。
縛られていた訳じゃない、手錠をかけられた訳じゃない、
だけど俺は拘束されていた。
兄の、たった一言で。お前の恋人まで、被害が及んだら、いやだろう。
最後にその兄が残って、にやにや顔で「幸せに」と言った。

誰もが去った後、無言で扉を睨みつけていた。
果てしなく心から怒りが沸き上がって、うまく息が出来ない程だった。
隣に座っている「おとこ」は、こちらをちらりと見て、
うつむいて、ほほを赤らめてまたこちらをちらりと見た。

「ご、ごめんな……」

しじま、と言ったはずだ。
さっき紹介されたばかりのそのおとこは、
震えるか細い声で先を続けた。

「は、はじめて見た時から、おれさ、
あんたと一緒に、手、つないだり、ほら、か、からだあわせたりーって想って、
そ、そしたら、伯父さんがああ、できるよ、って言ってくれて、
嘘かと想ったんだけど、あ、あんたも俺のこと『嫌い』なのかも知れないって……」

聞き間違いかと想った。だけど彼は確かにそう言った。
きらい?

「た、たまんなくなって、すごくすぐに、きてほしくて、
ご、ごめんな」

「………」

無言で顔も見ずに、そっとのせられた手を振り払う。
やつは少し困った顔をして、その手をさすった。もう一つの手で。
闇蟲の付着した汚い手で。

「お、怒ってるよな、
いきなりつれてこられて……」

「……」

すべての元凶はこいつなのだ。
多額の借金を作って死んでいった父。
必死に俺たち兄弟は借金を返しつづけていた。
それなりに信頼していた、兄。
そして父の借金を肩代わりした、「伯父さん」……。

『なかよくしてやってなぁ、さまな君』

ぬらりひょんとして、掴みどころの無い彼は言ったっけ。

『あいつ、どうもいかん。
俺にはこころぁひらかねーし。
じじいとばばあが死んでから、
これっぽっちもようしゃべらねー。
お前さんがすっごく気に入ったみたいでなぁ、
お前さんにかけとるのよ、わしゃ』

こいつが知ってる『じじいの財宝』を探るため、

俺は踊らされる操り人形ってわけだ。
笑えすぎて泣けてくる。

しゃべらないと言っていた割には、彼はよくしゃべった。
俺が黙っていると延々と。
好きな食べ物はなにか、俺は結構料理が上手だ。お前もきっと気に入る。
たまにはほめてくれ。俺ほめられるとうれしいんだ。伯父さん好きか?
あの人変な人だよな、俺あの人少し怖い。延々。延々。

俺は少しため息がつきたくなって、天井を見上げた。
監視カメラは無いらしい。そう考えたことに気づいて、笑う。
立派な天井だった。
ここ―寝室は少し狭いけれど、
キッチンも、お風呂もずいぶん広かった。
二階の天井はガラス張りで、ここでのんびりできたら
たまらないだろうと想わせた。

『くれてやるからよぉ』

伯父さんの声。

『あいつと住みやすいようにしておいたからよぉ、
あいつと仲良くしてやってなぁ、
欲しいもんあったら、なんでも買っちゃルカラ、ああ、言ってくれたまえ』

変なおっさんだ。金なら有り余るほど持ってるくせに。
―冒険家だったと、兄から聞いた。
まだ金が欲しいのか。下手な操り人形を使ってまで。

「寝る。」
一言そう言って、風呂に向かう。

『仲良くする気』はちゃんちゃらなかった。
こうなったら、もう必要最小限の交流ですませるつもりだった。
そしたら別れられるかもしれない。

伯父さんがあきらめて。こいつがあきらめて。

「あ、あ」

まだ喋っていたやつは、慌てて俺の後ろをふらふらとついてきた。
その鼻先でドアを閉める。

すぐにドアが開く。

「まて、よ、風呂一緒、一緒はいろ、はいろ、な?」

「いやだ。気色悪い」

「きしょ……あ、あ、……こ、これか、
大丈夫、絶対、うつらない、し、あの、あのさ」

「…………」

まだついてこようとするから、風呂に入って想いっきりドアを閉めてやった。
風呂の戸口でうろうろしていたらしいが、
少し経ったら気配がしなくなった。

良かった。

なんとなく、ほっとした。

***

風呂から上がると、やつはいきなり走って台所から出てきた。
「……」
無言で睨みつけると、萎縮したようにもじもじしながら、
それでも言葉を紡ぐ。

「りょう、り、したから、食え……な?」

「いらない」

「……おいしいぞ、お、俺、料理はうまいんだぞ」

「いらない。」

「だめだっお腹すいてるはずだ、お腹すいてると、寝れないぞ、
きょ、今日は大変だったんだし。」

黙って寝室に向かおうとすると、ふと、
―こいつを抱かなくちゃならないかな―と気づいた。
この後の地獄をはっきり思い浮かべて
俺はうんざりした。

「食べなきゃなんないって、絶対、
俺のうまいからさ、食えって、
あったかいのがいいんだぞ。スープだぞ。
スープなんだぞ」

アホなことを言ってるやつに、向かい合って、きっぱり言う。

「俺はお前なんか抱かないぞ」

「へ?……」

「気持ち悪い、なんでそんなことしなくちゃいけないんだ。
絶対抱かないぞ」

きっと無理矢理にでも抱かせるつもりだろう、
きっと、そうだ。でも最後まで抵抗してやる。
肉体的には俺の方が勝っている。

「そ、そうか……」

あっさりやつはうなづいた。

「じゃ、い、いいよ、気持ち悪いんもんな、こ、これ」

ちらりと右手の闇蟲を見る。

「そうじゃない」

なんだか心がきりきりしているのに、
言葉が止められない。ずっと傷つく言葉を言ってしまいそうで―

「お前が気持ち悪いんだよ」

「…………」

ぽかんと、俺を見ていた。
見てられなくて、すぐに立ち去った。寝室。ベッド。
寝ちまおう。もう。すぐに。
何も考えたくない。

深く、寝よう。


真っ暗闇の中、ふと目を覚ますと、やつが隣で寝ていた。
ひゅっと息を吸う。それで気づいたのか、やつも目を覚ました。
何時間経ったのだろう、あの喧噪―『結婚』から。
何時間経ったのだろう、俺が寝てから。
やつはいつの間にベッドに入り込んだんだ?
すぐに寝返りをうって、なるべく遠ざかるように体をずらす。
こんな狭いベッド買いやがってあのぬらりひょん。

「…………お前、お、おれのこと、き、嫌いなんだよな…」

眠りの声ですこしくぐもって、やつがぽつり、とつぶやいた。
確かめるように。
何を聞いているんだろう。答えは決まってる。

「ああ、大嫌いだ」

「大嫌いか」

なんだかうれしそうにやつの声が弾んだ。

……なんだ?

「お、おれもな、おれも、お前のこと……


……

大嫌いだよ」

何故か心が痛んだ。面向かって大嫌いと言われるとは。
しかも無理矢理婚約させられた―相手が望んで婚約させられたやつに。
思わず笑みが漏れる。

「そうか、そりゃ良かった。好都合だ」

「う、うん、こうつごうだ、」

ははっと、やつが笑った。ほっとしたように。
やつが俺の背中に、手を伸ばすのがわかった。
思わず振り返って

「触るなっ」

びくっと、やつが震えた。

「……おまえ、さ、触られるの、や、なのか?」

「俺が大嫌いなんだろ?」

「う、うん、いっぱい嫌い」

「俺もお前がダイッ嫌いだ。触るな。なるべく離れて寝ろ。」

「………………」

「よくわかってないみたいだから、
もう一回言うぞ。俺はおまえが、き、ら、い、なんだよっ」

ばっと壁に向かって寝返った。
そのまま息を殺す。

じっとしていた。心臓がばくばく言った。

やつはぽかんと俺を見ているみたいだった。

やがて、わかった、と言うように、ぽつりとつぶやいた。

「触られんの、嫌か…」

そしてやつは正直に、なるべく離れて、俺のそばから離れて、
眠った。
悲しがってはいないみたいだった。

俺はちっとも眠れなかった。

***

あれから三日経った。
やつは相変わらず、俺のことを「大嫌い」と言った。
ことあるごとに。何かを償うかのように。
意味が分からなかった。
なぜならやつのとる態度は、いつも

―いつも、嫌いな相手にする行動じゃないから。

兄がきて、なんやかんやあって、
疲れているときに野菜スープを作ってくれた。
俺の好きな味だった。疲れた時はこの味、一番体にくるから。
そう言った。

寒い夜にはクリームシチュー、
雨が降っていたらコンソメスープ。

スープが一番得意らしい。それって料理が上手っていうか?
と料理をしたことが無い俺は想ったが、
確かに味はおいしかった。

オムライスや、チキン竜田、サバの味噌煮、やつはなんでも作った。
食材は伯父さんが持ってきた。

嫌いと言われるたびに、胸が痛むようになった。

確かめ合うように、二人でいった。

―俺のこと嫌い?

―ああ、ダイッ嫌いだ。

―お、おれもさ、おまえのこと、き、きらいだよ。

そして笑うやつの顔。まるで幸せそうに。少し戸惑った笑顔。
ずっと、セックスはしなかった。
闇付きにそれがどれほど酷なことか、俺は知らなかった。

***

ある日、夜起きたら、やつがしこってやがった。
俺の手を自分の性器に当てて―

「はあ、あ、あ、ああっあっ」

夢中になっているやつの唇からは、
よだれが垂れていた。
性器はどろどろに先走っていて、
やつの右手―俺の手を性器にあててしごいている右手
の闇蟲は、ぎぃぎぃと鳴っていた。
驚いてしまって、怒鳴ることも、詰ることもできなかった。

ただ、か細い声が出た。

「な……なに、してんだ?」

「っぐっあああっああっああっさ、まなっさまなっあっあっあっ
―っ」

びゅぐっびゅぐっとやつの性器から精液が飛び散った。
顔にそれがかかって、やっと意識が戻った。

やつをはねのけて、想いっきり遠ざかった。

「なにしやがるんだよ!!!!!?」

どんっっと壁に背中があたった。

「…………?」

やつはまだ夢心地らしい、
はあ、はあ、と荒い息をつきながら、
俺をぼんやりした目で眺めていた。

「あ……」

不意にやつの瞳に理性が戻った。
はっきり自分のしたことを認識したらしい、
急に顔が青ざめて、震えだした、

「ご、め…ごめ、ん、おれ、
おれ、手、見てたら、ち、ちんこ痛くなって、
や、闇蟲が……」

「…………近づくな」

「ごめ、ごめん、ごめん、ごめん、ごめん、
さまな、さまな、だって、だって、
お、おれ、おれ、おれ、だって、おれ、
わ、わけわかんなくなって、ご、ごめん、さ、さまな、おれ、おれ」

「……っ」

やつを押しのけて、ベッドから降りる。
コートを取って、とりあえず羽織って、玄関へ向かった。
やつが泣きながら謝っている声が聞こえた。

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

***

外は少し温かな風が拭いていた。ほっとした。
テッシュで精液を拭う。くそ。なんだってんだ。
抱いてほしいなら……抱いてほしいなら?
何を想ってるんだ、俺は。
なんで独りで、片手でしこってんだよ、
アホか。アホ。アホめ。

ここは「お屋敷」の「別館」になる。
お屋敷には、庭の白い道伝いに行けばたどり着ける。
そこには「伯父さん」がいるはずだ。

もう戻りたくなかった。
とりあえず、お屋敷に向かった。

***

「そうかーーー」

伯父さんは笑っていった。
酒も飲んでないのに、酔っぱらってる感じがする。
うさんくさいおっさんだ。

たまらなくなて今あったことをぶちまけて、
あいつがわからない、と言うと、
伯父さんはぽりぽりと白髪の混じった頭を掻いて、
そんで、そうか、と言った。

そんで笑った。


「あのさー、さまな君、闇蟲のこと、あんましらねーでしょ」

「……知りませんよ。あんな気持ち悪い蟲、
知りたくもない。」

そうだ、忘れていた、しじまは闇蟲が取り憑いているんだ。

なんで忘れていたのだろう?右手にべったりくっついているのに。

「……」

微笑みを浮かべて、ぽりぽりと伯父さんは頭を掻いた。

「闇付きにもいろいろな症状が出るけどね、
しじまの場合、性欲が異常に強くなるんだ。」

「……え……」

「闇蟲の体液がいけないのかね、
まだわかってないけれど……
取り憑かれた人は、多かれすくなかれ、
性に対して異常さを増す。

しじまはまだいい方だよ、自分で自制できるしね。
ひどい人になると、一日10回ぐらいセックスしないと
収まらないらしい」

はは、と伯父さんは笑った。

「ずっと抱かなかったんだろう?」

戸棚に歩いていく伯父さんをぽかんと見ていた。
なんだって?

「しじまはよく我慢した方だよ。
許してやってくれ。さまな君」

「…………」

伯父さんは戸棚から、『ポルノ』と書かれた―伯父さんの字だ―酒瓶を取り出した。
それからコップを二つとりだして、とっとっと、と、注ぐ。

「前は自分で処理していたみたいなんだがな。
君に嫌われたくなかったんだろう、
必死で普通のふりをしていたんじゃないかな」

「………………」

なんだって?

「まぁのみなさいや、
おごりだよ」

「……おれ、どうしたら……」

「できれば抱いてやってほしいんだがねぇ、
無理ならいいよ、しじまに我慢するな、っつっといて。」

そう言って、実に晴れやかに彼は笑った。

***

戻ると、しじまは寝室でぼおっとしていた。
茫然自失。そんな言葉がふと浮かんだ。

「なにしてんだよ……」

ふらふらと俺を見る。

「かっ」

急にしじまの目に涙が浮かんだ、
ぼろぼろと落ちる。

「か、かえって、こな、いか、と」

ぼろぼろ。ぼろぼろ。
なんかこっちまで悲しくなってくる。

「帰ってきたじゃねーか。もう。泣くなよ」

「ご、めんな、さい、俺」

「いいよ。あのさ、もう一回聞くけれど、お前、
俺のこと嫌いなんだよな?」

「うんっうんっ」

泣きじゃくりながら、しじまが必死で言う。

「だい、きらいなの、すきにならないっでっ
いっしょに、いてっ、お、おねがいっ」

「…………わかったよ」

わかった、しじま。
おまえ、なんでか知らないけど、大嫌いを好きの意味で使ってるんだな。
誰にそう教えられたのか、知らないけど。

「寝よう」

「……う、うん、も、絶対近づかない、から、
お、おれ、あっちで寝るから。」

そう言って、そばにあるソファをさした。
アホだ。

「そうじゃねーよ」

しじまの手をひっぱる。しじまがはてな、と言う顔をする。
それに無理矢理口づけた。



その夜、しじまを抱いた。
しじまは何度も熱い液体を飛び散らせた。
ずっとたまっていたらしい。
最後の方はキスしただけでいった。

とても俺が好きらしい、

何度も、何度も、俺のことを「嫌い」と言った。

いく時は俺にしがみついて、俺の名前をきつく言った。
嫌い、きらい、きらい。さまな、さまな。

しじまの声が、こだまする。


さて。どうするべきか。


***


「おっさん、なんか知ってんだろ?」

『ポルノ』を飲みながら―中身はウオッカだ。変なおっさんだ。この伯父も。―問いただす。
どこにも行かないから、と不安がるしじまを家においてきたので、
早く帰りたくて仕方ないんだが。

「……そうだな」

ぽりぽりと伯父が頭を掻く。『ポルノ』を飲みながら。

「俺は何も知らんよ」

「本当か?」

「いや、本当だ。それでわかった。
俺はさ、あの子見た瞬間から気に入っちまって、
『俺おまえが好きみたいだ、しじまちゃん』っていったんだよ、
そしたらあの子、ものすげー悲しい顔してさ、
それ以来ひとっことも俺にしゃべらねーの。

そうだったんだねぇ」

「ねぇじゃねーよ、どうするんだよ、
性格ゆがむぜ。あのままじゃ。しじま」

「…人生にゆがみも出るしな」

「出まくりだ。おれだって最初は……」

「ん?嫌いって言われて悲しかったのかな?」

「…………」

そっぽを向くと笑われた。糞じじい。

「じじいとばばあに関係ありそうだな……」

「事故で死んだって言う……?」

「ああ、借金ばかりのこして、しじまにも……


……多分だが、虐待していた」

「……」

「しじまに聞いてみろ。
そんで、」

「なんて聞けばいいんだよ」

「……考えろ。お前もおつむは軽くないはずだ。
兄貴と違ってな。」

だから俺は結婚を許可したんだ。
けらけらと、伯父は笑った。

そりゃ買い被りだ。俺はとっても頭が悪い。
そう、しじまを傷つけてしまうほど。

傷つけて、泣かせてしまうほど―……。


「…………」

午後6時。伯父さんの部屋を出てから3時間ちょっと。
無言で、しじまと俺は食事をとっていた。
今日は豆腐とみそのスープだ。
何でも異国の料理らしい。うまい。これはライスと食べるのだ、
としじまは偉そうに言った。

料理にかけちゃこいつはちょっとしたもんだ。

「……なあ、しじま」

うん?としじまが顔をあげる。
きょとんとした顔が可愛い、なんかドキドキする。

「嫌いって、どういう意味か、知ってる……」

「知ってるよ…。
あのね、ドキドキするの」

「どきどき?」

胸がね、痛いほど。
しじまはそう言って、胸のあたりをまあるくなでた。

「そんでこの人とそばにいたい、手をつなぎたい、って想うの」

「…………誰がその意味を教えたの?」

「母さんだよ。
私はお前がダイッ嫌い。ってよく、
笑っていってた。
そんで、お前も私が大嫌いでしょう?って。

最初子供だったから、意味がよくわからなくて、
お父さんに聞いたら、それは『愛してる』って意味だよって」

「…………」

「…………?さまな?
どうしたの?」

「いや、つづけて。

「?……
お母さんと一緒にいたかったから、いつも、大嫌い、って言ったよ。
そしたらお母さんは俺をな、殴るみたいになって、
お父さんといっちゃった。」

「…………………しじま、
悪い。」

「?どうしたの、さまな、
これおいしくない?」

「違う、そうじゃなくて……、
しじま……

『好き』が『愛してる』なんだ。」

「…………」

「『好き』が、『愛してる』なんだよ……しじま」

「…………」

想ったよりも、しじまは大丈夫そうだった。
そうか、と言った。
なんとなくわかっていたけどね、
さまなの態度とか、見てると。
そんで普通に食事を再開した。

俺はほっとした。

馬鹿だった。





夜、しじまは、初めて泣いた。

俺が風呂に入っている間に泣いていたらしい。
部屋に戻ったら、テッシュで顔を拭いながら、
泣きじゃくっていた。
俺に気づかず、ただ、泣いていた。

俺は思わずしじまの肩をひきよせて、ぎゅうっと抱きしめた。
どうしていいかわからなかった。
しじまが傷ついてる、いやで仕方なかった、
泣いてほしくなかった、泣き顔はみたくなかった。

「しじま、しじま、泣くな、なくな」

「さま、な、母さん……母さん」

「しじま、ごめん、ごめん、俺が悪かった、
俺が悪かった、泣かないでくれ、泣かないでくれ、
ごめん、ごめん」

「か、母さん……俺のこと、き、きらいだったんだなぁ」

えへへ、としじまが笑った。泣きながら。
俺まで泣けてきた。
そしたらしじまはすっごいびっくりした顔して

「さ、さまな、なに泣いてんのっ」

「お、おまえ、がっ」

涙がとまらなかった、みっともねぇ、
だけどしじま、しじま、お前悲しい、悲しい、
可哀想だよ、おれ、おれどうすりゃいいんだよ、
おまえのこと、慰めたいよ、おまえのこと、
いっぱい愛したいよ、おまえが泣くの、やだよ、やだよ俺

「なく、から」
「泣かないっなかないからっさまなっ」
「ちがうっなけっ」

「どっちなんだよっ」

「俺の胸で泣け!!!!!」

真剣に、本当に真剣に怒鳴ったのに、
しじまはぽかんと俺をみて、じっと見て、


その後で爆笑しやがった。


糞。もう絶対言わん。


***



「………………」


ちゅうっと甘ったるくキスして、
もう一回しじまをはぐする。
つまりだっこする。しじまのにおいはいいにおいだ。


「しーじま」

「なんだよぅ」

しじまがくすぐったがって、俺の胸にごしごしほっぺをすりつける。
あーあったけえ。

「あーそういや」

ふと気づいて、しじまのほっぺに口をつけて問う。

「伯父さんが聞いてたぜ」

「おじさんって、きょ、今日ポルノ持ってくるって、言ってたおっさん?」

「そうその変態なおっさん」

しじまが泣いてから、もう何週間もすぎた。
多分、俺たちはぴったりくっついてる。
どこが、ってわけじゃない、目に見えるわけでもないけれど、

もう、ぴったり、くっついてしまって、
離れられないんだ。しじまが、心に熔けてる。

しじまがくすくす笑う。可愛い。可愛い。可愛いー。

ちゅっちゅっちゅっと吸うと、くすぐったいーとまた笑う。
可愛いからいけないんだっつーの。

「なんかなぁ、財宝、探してんだって、しじま知ってる?」

「財宝?あ、あるわけ、ないだろ?
俺の親、借金してたんだ、ぞ?」

「そうだよなぁ……」

「あー一つだけ、宝物があったかなぁ……」

「宝もの?」

「それだあああああああああああああああああっ」

いきなりじじいが飛び込んできた。
外で様子をうかがっていたらしい。けり飛ばしてやりました。

***

しじまが持ってきたのは、一つの木の箱だった。
中には異国の言葉で書かれた紙が入っていた。

じじいが笑って、うなづいて、そんで涙をにじませて、またうなづいた。

何?としじまが聞くと、


これは、


おまえと、俺が、


親子だって言う、証明書だよ。


そう言った。


***

なぁ、美沙、元気かなぁ。
兄貴と仲良くやってる?
兄貴あんなんだからさ、お前苦労していると想うけど。
でも、兄貴、本当はお前に惚れてる。心底。
俺弟だからわかるんだ。

お前の気の強さで、なんとか修正してやってくれ。

俺は今幸せだよ。うん、かなり幸せ。
しじまがさ。

俺の、奥さんがさ、
泣くんだ。

幸せだって、泣くんだよ。

困ったな。

なんかなぁ、美沙、
人の心ってわかんねーのな、

俺の奥さん、ずっと両親に嫌われてたと想っていたの。
奥さんはそれを「すかれていた」と想っていたの、
でも嫌われていたの。
でもさ、その人たちは、ずっと大事に、
しじまの出生の証拠をとっていたんだ。
宝だって言って、しじまに渡していた。


美沙、俺はわかんねー、
馬鹿だからさ、きっと頭のいいお前だったら、
何もかも当たり前よ、
そう言うかもしれないけれど。

素直に心を話せない人もいるんだな。

なぁ、美沙。

後悔はするなよ。
お前のことだから、きっと大丈夫だろうけど、
後悔、しないように生きよう。

好きな人に、好きと言おう。


難しいけどさ。


一番、難しいけどさ。

美沙、結婚式には出てくれるよな?
そんで俺のこと、罵倒してくれるよな?
バカ、なにやってんの、きちんとしなさいよ。

兄貴にさ、バカっつっといて。
もうあんま、無理するなって。
俺だけ逃がしたり、独りで苦労背負い込むなって。

必死で働いてるって、お前言ってたけど、
もう借金は返せたんだろう?
ばかっつっといて。

じゃ、また手紙書くから。

今度しじまに会ってくれ。
きっと、お前と、



気が合うよ。



PS、料理は天才です。教えてもらったら?
(シリーズ: noSeries )
2005-01-26 17:02:37