綺麗な音が響いていた。
もうすぐ夕暮れだ。
僕は絶対孤独と、薄暗い路地を歩いていた。
小鳥の音が、空に飛んでいった。
「あの・・・」
小さな、か細い、声をかけられて、僕は足を止めた。
絶対孤独はそのまますたすた行こうとする。
振り返ると、あの、逃げ出したといわれている、
王の婿がいた。
うつむいていたあの顔のままで。
「あれ?君」
「かまうな、鼓動体温」
絶対孤独が僕に言う。
「かまうなって、そんなわけには」
「助けてください、僕追われているんです、
かくまってください、お願い」
「君、どれくらいそれを人々に言ったんだ?」
孤独は渋い顔をして、僕の腕をつかんだ。
「行くぞ、体温」
「ついてきなよ」
僕は言う。孤独ががーっと叫ぶ。
「一緒に暮らそう」
彼の名前は水銀罪悪と言った。

お昼過ぎにそれを見た。
孤独と水銀がしゃべっていた。
「中央水深は、僕が嫌いなんです」
「そんなことない」
「あの人は僕をがんじがらめにしてしまう」
「あの人はただ怖いだけだ。
誰も愛してくれないと。おびえているだけだ」
「僕を連れて逃げて」
水銀が、絶対孤独にしなだれかかった。
「あなたと一緒に行きたいよ」
僕は全てを見る前に逃げ出した。

中央水深は、なんで水銀罪悪をなぶるの。
なぶってなんかいないさ、ただ怖いだけだ。
縛り付けるから水銀は嫌うのじゃないの?
でも縛らなければ水銀は逃げてしまうだろう。
ならどうすればいいの?
どうすればいいんだろうな。

行くと水銀はいなかった。
ベッドはまだ暖かかったけど、もぬけの殻だった。
僕は慌てて絶対孤独を探した。
孤独は渋い顔で、新聞を読んでいた。
新聞には青い文字で、水銀戻る、と書いてあった。
僕はほっとして、嫉妬して、どうにもこうにもやるせなくなった。
「そんな新聞読むなよ」
僕は孤独からひったくると、ぐちゃぐちゃに丸めて捨てた。
孤独は微笑んだ。
「水銀、戻っちゃったぜ」
「あんなやつのこと、考えるなよ」
それで僕らは旅支度をして、
少しの握り飯とたくわんを持って、
街を後にした。
孤独の背中に。何度も聞こうとしたけど
聞けなかった。何度も疑問はいったりきたりしたのだけど。
どうして水銀は戻ったの。
水銀をどう思っていたの。
「水銀はこれからどうなるのかな」
ぜんぜん別のことを聞くと、
孤独は
「さぁな」といった。
(シリーズ: noSeries )
2004-04-10 17:02:37