Series: 自作ゲームのこと 日常徒然 感想&おすすめ 夢日記 プログラムとかの話 サイトのこと ゲーム開発記
Year:
感想&おすすめ

おススメゲームの紹介

この記事は
ゲームのアフィリエイトを
貼り付けて
紹介している記事です
苦手な方はスルーされてください

……

人によって異なりますが
私は、ゲームや、美術館めぐり
本を読むことにより
エネルギーが整います(気が整います)

個人的な体験ですが
私が触れていて
エネルギーが整いやすかったゲームを
少し紹介します

(人によるので
どうかな?と調べながら
そんなこともあるらしいと
よろしそうなら、試されてみてください)

……

★ディアブロ3(破魔属性、鬼神系にオススメ)


初手から暗いよ。
悪魔系のエネルギーに
やられたあとに
遊んでいると
わりとスーッと整いなおります
面白いですし
おすすめですが
めちゃくちゃ残酷なので
そういうのがお嫌いな方には
おすすめできません
鬼神系の方にはとてもオススメです♪


★チャイルドオブライト(夢・癒やし属性、ヒーリングやレムリア好きにオススメ)

可愛いし綺麗だし
触れているだけで和みますね
ものがたりに「レムリア」がでてきます
スピリチュアルっぽくもあるので
お好きな方には是非是非おすすめしたい

夢っぽいです
雰囲気がレムリアと似ているかも

ヒーリング力がたかい
気持ちの良い作品だと思います


★デジモン(雷・木属性、ネットやパソコン、ゲーム好きにおすすめ)

2つのゲームがはいっています
デジモンという
電脳ペット?を
育成するゲームです
ウンチー!に見えるものも育成できます
すごく面白いです
ネットや雷撃が好きな方におすすめしたい

濃く完成度が高い感じです

雷(木)の属性なので
その属性とあうかたには
とてもオススメです


★Horizon(万人に超オススメ)

やぁもぉ、いうことなしの
オープンワールド型
機械と原始に帰った人たちの物語です
草木豊かで
機械獣もおもしろい
ライトなアクションを駆使しながら
広大な世界を旅するゲームです
超おすすめしたい

このゲームは風が循環しています(驚愕ですよ)

木々に虫がついていたり
食物連鎖がおきている気配があったり
なんというのでしょう
空気があるんですよ

ゲームに
空気が表現されているんではなくて
ゲーム世界に
空気と草木、自然の循環があるんです

「すきま」というか
エネルギーの話なんですが
空気、風のあるゲームです
(こんなん、みたことないです)

遊んでいると
良い具合にエネルギーが循環します


★フィリスのアトリエ(風・錬金属性、エネルギーが錬金やクリエイト型の方にオススメ)

オープンワールド型
世界を旅しながら錬金術師として
アイテムを作り続けていくゲーム
なんにも考えずに
ぼーっと遊びたいときは
こればっか遊んでます
モンスターもかわいいしオススメです

開放されている感じですね

なにげに錬金術が
エネルギー錬金と合致していて
参考にもなります

……★*・……

紹介したのは
どれも独特の「エネルギーフィールド」が
きちんとそこにあるゲームです……

(空気までともっているゲームは
Horizonではじめてふれましたが)

絵でも本でも
「いきている」とか
魂がある、生命力がある、とか
評価されるものがあり

上のものは、
私が見受けたところ、ですが
そういうふうに思えます

「命がある」ゲームですね

もしよろしければ
体験版があるのもある?のかな
触れて見られてください
2018-02-11 12:25:08
感想&おすすめ

おすすめアプリ「神棚アプリ」

神棚アプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gmail.mrt.another&hl=ja

 

中に「写真」で

ご神体となる方を祀れます

神棚の絵も、とてもきれいです

 

おすすめです



2017-12-14 02:01:00
感想&おすすめ

お気に入りカラーピッカーの紹介

今回のサイトの改装にも
大活躍なRGBエステさん
かれこれ10年以上愛用しております
サイトの色を決める時に超便利ですわよ、おくさま
2017-11-08 10:33:43
感想&おすすめ

読書感想文「鉄鼠の檻」(京極夏彦)

京極夏彦の「鉄鼠の檻」を読んだ

読後もいろいろ思い浮かぶ
読み応えがあり
世界の奥行きが深い

いつもこのシリーズを読むと
胸の中が哀しくなるのだけれど
被害者にせよ
加害者にせよ
人間がえがかれているから、かもしれない

かれらは哀しい

……

禅や、さとり、魔境のことが
文献から良く調べられて
かかれている

ずっと謎だったことが
この本で氷解した

……

被害者も加害者も
ものがなしい

事件は、小さいものから
大きなことまで
すれ違いや誤解
行き違いを経ておきる
しかし、たしかな厚みを持って
おりなされていく

中禅寺の哀しさが
他のシリーズ作品より
良く出でいるのは
かれが文中でいっていたとおり
この話では
彼が、最初から負けている、から、かも
しれない

……

殺人事件なんぞおこれば
こわいし、悲しいし
不安になる

他の推理小説のように
「こんなところにはいられない」と
そこをでる坊さんが居たのも面白かった

坊さんだって
怖いし、ぶれるし、疑う
不安で、軸をなくして
もともとの性愛気質が
暴走するくだりもよかった
安心したいとか、まもりたいとか
そんな気持ちがすけて見えた

……

それは
そんなに
いいものか、と
いつも思う

なにごともとくに
種をあかされれば
たぶん
現実にすぎなくて

そんなにいいものじゃないし
たいしたことでもないし

それがあれば
それがありさえすれば
幸せになるもんでもないんじゃないか、と

……

魔境も、悟りのことも
この本が、一番
私にはわかりやすかった

人や、己を疑い
不毛な妄執にとらわれるのが
魔境なら
たぶん、人や、己や
日々を信じきれて
受容の極地にいたれた、のを
悟りというんだろう

言葉や意識ではなくて
胸の、腹の
底の底からの
受容なのだろう

……

読んでいて
「この人」が
もしも、「自分のこと」や
状況や、思いを
言葉できちんと話せていたら
全然、展開が
違ったんだろうと
思った

言葉は、
言葉のために
あるんじゃないし
思考のために
あるんでもない

禅のなかの
言葉にならない領域と
言葉にするべきだったことや
言葉にしてはならなかったこと
言葉にできたことが
行き交っている

ことばで
あらわせないこととが
書かれているから

あらわせること、なのに
あらわさない世界に、
慣れすぎていたために
伝えられなかったことが
浮き上がってくる



言葉を、つかえて
話しで、できることなら
きちんと話したほうが
いいんだと、
そんなことを思った

相手を傷つけるためではなくて
分からせるためでもなくて

分かり合う必要は、なくて

自分の状況や、状態も含めて
思慮や、思い
伝わってほしいことは
伝えるために
自分で、自分のことを
自分のことばで、話す

しんどくても、それは
とても重要なんだろうな

……

ことごとく
命や、心、
その上での混迷といったものが
うかがえる
なにか哀しい物語だった

人が良い
人物に命が灯っていて
感情も、きもちも、こころも
そして思考も活きている

だからこそ
事件がものがなしい

京極夏彦氏は
たぶん、ものがたりを、
語れる(創話できる)
数少ない方のうちの
おひとりなのだろう

……

鉄鼠の檻
檻の中にとらわれているものたちの
囚われたことの
何十年の哀しさが
根底に流れていたきがした

……

2017-10-08 23:53:03
感想&おすすめ

この頃のこと

グーグルに「ぱっとお清め」アプリがあったので
つかってみたらキチンと
とある方がみえて
祓いを行ってくださった……

少しびっくりした
愛用し始める

わりとよいですよ
2017-10-04 09:43:15
感想&おすすめ

読書感想文「陰摩羅鬼の瑕」とびとびに。

「陰摩羅鬼の瑕」京極夏彦、を読書した

どことなく
今の、わたしの心の中に
あったことと
リンクしていて怖かった

……

常々、私は
悪霊は思想の執着。つまり
妄執のなれ果てに思う

また、いきながらにして
悪意にそまるひとも
妄執のなれ果てに思う

今のところなのだけれど
私は、
妄執の上に構築された独善が
やがて悪意に膿むんではないかと
思っている


……

すごい小説だなぁ、と
おもうのは
肉体をうしなうことが
人間は客観的にしか
把握できないこと
どうしようもなく、
だれも主観として
把握できない、だから
死は実は
とても不安定なのものなんだ、と
いうところを

とてもきちんと
わかりやすく
のたまわれている

「だからこそ葬式が必要なんだよ」
というのが
なんかもうすごい伝え力

死が
生きている限り
客観的なものにすぎないからこそ
死を主観が
把握できないこともあり
妄執かかえたりすると
悪霊するんだけど
そうしたことが
近くの世界にあるから
私は、自分の世界観に
「死の不安定」が
あるんだけど

「お葬式」はとても
大切なもので

「供養」も

つまり心が納得すると
あがるんだけど
納得しないと
むずかしいのよ

この死が
生の間は
客観にしか視られず
所以に不安定であることを
見事に表していて
また伝えきっていて
すごい小説だった

……

京極堂の亭主
中禅寺は
ツキモノオトシをするもので
これは私には「妄執」の
糸を切りといて
「現実」にもどす様に見える

そうしてそれは
まんま、妖怪や悪霊としたものを
落とすことになる

本の中に
悪霊や妖怪は
でてこない
でてこないが、息づいている
それは影響となり
なかの人物たちへの妄執の土台となり
また現実解離への誘いとなる

しかし
中禅寺は
ツキモノオトシなのに
探偵のようにみえる

一方、榎木津といわれる
探偵役は、
才能も、こうどうも
ツキモノオトシの仕者だ

でも様がそう言う風に見えるだけで
中禅寺はきちんとツキモノオトシをし
榎木津はきちんと探偵(解決への案内)を
しているのだから
まぁ、へんな小説だ

主役であり猿回しのような
戸惑い役である関宮は
その実態が、事件に対し
最も距離があり、客観的だ
様は主役で巻き込まれなのに
客役をしている

紹介と実態がくいちがっているようで
その実、「そう見える」だけで
紹介は実態をとらえている

……

本文に嘘のない
嘘がないのに
そうは見えない
小説たる小説だなぁと思う

……

面白かったんだが
読み終わってしばらく泣いてしまった
ネタバレになるから
あんまり言わんが


……

中禅寺は
ツキモノオトシの
天才なんだろうなぁと
思う

この小説に出てくる
ツキモノは
いつも、
現実解離した妄執であり
おもいこみである

人間誰しも持つのかもしれないが

悪霊より
じつは
そのほうが
ツキモノなんだよなぁ……

しかし、まぁ
現実にいたら
ツキモノオトシを
頼みたくなる実力者だなぁと
読んでて思う

彼は徹底的に現実者だが
(この世に不思議はない!)





---

2017-09-25 09:44:56
感想&おすすめ

ほぼ日の糸井さんの言葉


Twitter糸井さんより以下引用▼
参考にする意見としては、「よりスキャンダラスでないほう」を選びます。「より脅かしてないほう」を選びます。「より正義を語らないほう」を選びます。「より失礼でないほう」を選びます。そして「よりユーモアのあるほう」を選びます。(by糸井重里さん)


すごイイなぁと思うのでいつまでも記憶してある

これはどこのなんであっても
通じるものではないかと思う

私の選び方、は、
ほぼ「いい感じがする」かどうかだが(あかん……)
2017-08-26 01:18:23
感想&おすすめ

オススメ本紹介 魔女

「おまえを救ってくれる
王子様なんかいるもんか」
魔女は言いました

「いいえ、かならずいるわ
スピリチュアルを
現実にいかしていて
わたしが現実でうまくいってない理由を
やさしくきびしく
でも私が凹まないように指摘してくれて
上手にやりくりできるようにしてくれて
嫌なまわりのひとたちを
きもちよく片付けてくれて
性格を可愛くしてくれて
見た目を美人にしてくれて
お金のもうけかたを教えてくれて
運をよくしてくれて
天使とはなせて
神様とはなさて
わたしのためを思ってくれている
ガイドたちのことばを
私に伝えてくれるかたが」

「……んなん、イルクァー」
魔女はさけびました
(モギハ作・小話)

f:id:mogiha:20170711122437j:plain

しかし

見えると、見失うんでしょうか
わかると、わかった気になって
見失うんでしょうか

見えない命になら
なにをしたって
なにをいったって
いいんでしょうか

……

「いいひと」って
どんなひとだとおもいますか?
思い付くかぎり
列挙してみてください

「そんな人、いるとおもいますか?」

恋の相手に
理想高いとかは
わりともう
しゅうちされているゆがみですね
けれど

スピリチュアルとか
見えないこととか
見えない命とか
能力とかになると
なんで見失うんでしょうか

「そんな人、いませんよ……」

……

「あなたのために
生きていてほしいんですか?」

……

見えないことも
見えない命も
誰かのためには
生きていません

「ひとに、慈悲がある」でも
「ひとのための命」には
なりません

……

「あなたのために生きて
あなたのために
しらべて
あなたのために
ちからをつかいます」

そんなことを
する存在を
なんで求めているんですか

……







スピリチュアルにめざめたり
スピリチュアルな能力?が
なんか出てきちゃったり
したかたに
とてもオススメです

……
以下、うろおぼえの引用です(※正確ではありません)▼

「わたしはリトルウィッチじゃないわ」

「あんたの御大層な本には
この世のすべてが
かいてあるんだろうさ
あんたは外にすべてがあることに気がつかず
本のなかにしがみついてる」

「あんたはビックウィッチじゃない」

……

「ほしいものは
みつかったのか
リトルウィッチ」

……

「そうさ、あたしはここで
しぬんだ
余計なことを口にした罪でね」

……

なにより参考になる良書ですよん
2017-07-11 03:30:29
「さあヨカナーン

これでとうとう

あなたは私のもの

私はお前に口づけをするわ」(サメロ)



サメロの物語をみるたびに

悲しさを覚え

胸苦しくなります

サメロがほっし

首をとられたヨカナーンは

聖者でした

聖者は性業というものがなくなり

俗な恋というものを

身にできなくなるそうです

そこにやどるのは

ただひたすらな全てを愛する

無償の愛、慈しみであると

いわれます

全愛は個人の恋には

こたえてはくれません

全愛はすべての生命への愛であり

すべてをいつくしんでいらっしゃる

そのため

個人の恋には、こたえられない

……

聖者への恋で有名なのは

日本では「きよひめ伝説」もあります

こちらも僧侶への恋から

執着へかわり、うらみへかわり

蛇になって巻き付いて

最後は死に向かいます

……

サメロは無自覚なふうあいでしたが

ヨカナーンへの恋慕が

その胸には

たしかに

やどっていたのかもしれません

一説には

イエスキリスト様を裏切ったユダもまた

イエス様への思慕をかかえていたといわれます

……

圧倒的な全てへの

無償の愛にたいする失恋

愛をゆたかに持ち

おしげもなく、人たち、いのちに、与える人に

むけられた

その人を

個人のものにしたがる恋情

けっして、恋は、かえってこない

たしかに俗から生まれた恋かもしれませんが

そこにはなにか

決して報われない絶望のような

物悲しいものが見て取れるのです



★物語へのリンク

サロメ (戯曲) - Wikipedia

安珍・清姫伝説 - Wikipedia

太宰治 駈込み訴え
2017-07-07 04:01:22
感想&おすすめ

作画風景と、読んでいる本「帝都物語」









鬼の絵


絵、描くのたのしくてさー
なんかもう、うれしいんだよ!
筆もつと!


……


ここ最近「帝都物語」を
とことん読んでいる
面白いんだけど
血なまぐさい!! 喧嘩っぱやいん!
でも、かなり、面白いん!


どことなく、「ディアブロ3」という
プレイステーションゲームを思い出した……
雰囲気が……
ディアブロやりたくなっちゃったよ


陰陽師どうしの
見えない力を駆使した戦いとか
祟り神とか出て来て
そういったこと、たしかに
ありそーでなさそーで


敵の方が
なんかみょーに人間臭く
(悪人というより
こわれた人間臭い)


しかし私は
たたかいより、ラブロマンスの方が好きだ!
なんかしんないけど
ラブロマンスのあたりが
やたら血なまぐさい!!


狂気と血なまぐささ!
もっとラブラブしないかなぁ(無理か)


こんなに長い本とは思わなくって
驚いた
読み進めています
2017-06-15 11:29:48
感想&おすすめ

読書感想、神せん(※変換されない)




神さまにささげるごはんの取材
なみならなぬ時間と手仕事で
神さまへの敬意をもって
ひとつひとつ、あざやかにつくられ
捧げられていく


……写真どうやって撮ったの!?
(本来は本気でタブーだと思うのに!
すごくカラフルにたくさん……)


写真をおうだけで
心地よくなる
ちいさな細工、
あざやかな細工……


ひとつ、ひとつ、お椀にもられたごはんは
神さまがいらっしゃり、
いきづかれていることを思わせ
なによりも、そのお命を
感じている人がいることを
物語っているようだ


そこには、みえない神さまを
本気で尊び、うやまい
心遣いと、敬意敬心が
ふかくこめられているからかもしれない


……


信んじない、とか、
信じている、とか
関係ない……
読めば、そういうことでは
ないんだと
わかる


神さまに対する敬う気持ちが
こころが
ながく、ながく
ひとが、こころをもって
つくし、あらわしてきたことを
感じられる一品
2017-06-09 05:00:00
感想&おすすめ

読書感想と感想画、鉱物レシピ結晶づくりと遊びかた



 




《わたしの感想》


アひーわかるでやんす、と


思いました


 


わたしは鉱物の原石が好きなんですが


この本で綴られている


石との遊び方が、つぼにはまりすぎて


さわってたいよね、かざりたいよね、


つくりたいよね?!と、


興奮してしまいました……


 


この本は、もっともっと石が好きで


好きが高じて、石と遊ぶことを


つきつめてしまったような


そんな、石との遊び方が綴られた本です


 


結晶作りは本格的で


ご家庭でできるんでしょうか、はたして


 


ぜんたいに、鉱物がかわいくて


好きでならない作者さんの気持ちが溢れていて


読んでいて思いの外ほんわかしました



 



 


▼読書感想画



 



 


2017-06-08 05:00:00
感想&おすすめ

紫陽花の花と、オススメの図書と、今日の夕飯はビーフカレーのはなし





















写真、どこまであげたか
忘れてしまったよ……


今日の夕飯はビーフカレー……
たちくらみがひどいので
横になりながら
煮込んでいる鍋の
火の番をしている


ほんとうに、何時間も
弱火でことこと
にまくるんだ……


ビーフがとろけまくってうまいんだ


……


帝都物語を図書館で借りてきて読んでる
集中力がなくて
途中で散漫してしまうから
ほかに借りたほんと
交互に読んでいる


最近借りた本でヒットだったのは
「鉱物レシピ」と「神せん」(なぜか変換されない)
「新恐竜」も面白かった


神せんは、美味しそうで
なにより、そうだいでよかった……
図書館で借りれたらおすすめです


今日から、てきとーな読書感想文も
オススメの図書とともに
書いていこうとおもいます


鉱物レシピ 結晶づくりと遊びかた鉱物レシピ 結晶づくりと遊びかたAmazon



神饌 ― 神様の食事から食の原点神饌 ― 神様の食事から“食の原点"を見つめるAmazon





新恐竜新恐竜Amazon
2017-06-07 14:01:50
感想&おすすめ

読書感想、新恐竜(+感想画)




 


もしもひとが絶滅したら、


地上はどんなふうにかわり


どんな、生物があらわれ


どのように進化していくのかを


イラストともに綴られた本です


 


科学的根拠をもちいた想像の結集ですね


 


科学はさっぱりでしたが


よんでいると


そういうふうに大地がかわり


また、生き物がかわっていく(進化していく)


そのさまが目に浮かぶようで


ドキドキしました


 


大地の温度、地上の体温……


そこから導き出される


動物たちの生態とすがたの進化……


 


たんなる憶測をかさねるでなく


夢想としてつづるでもなく


大地の体温(温度、湿度)から


現実的に、進化論と科学的な根拠をもちいて


推測をされている


 


そうして、裏打ちされた根拠のせいか


地球がどうなっていくのか


温度と湿度、気候が、たしかに


リアルに想像できるから


そのなかを、そんなふうに


進化した動物が動き、


イキイキと生きているさまを


思い描けるようでした


 


つくりばなしや、憶測にはない


現実の延長の「生命力」を


かんじさせます


 


恐竜は残酷ですが


ロマンがある太古の生物です


もしも、を


科学的根拠とともに


すてきな想像力でふくらませた


ロマンな一品です


 


 



 


作画風景、感想画……わたしの想像したお花恐竜




 





科学的根拠はもちろんない……





2017-06-07 05:16:26
感想&おすすめ

夜、海へ還るバス

要石になるんよ。一番深いところに、収まる。

だから大丈夫だよ。


好きな漫画が何冊かある。

好き、としか言いようがなく

むしろありがたい、とでも言うような。

めでるというより、おさまる。


出会えてありがたい。とでも言うような。


森下裕美は「大阪ハムレット」からがらりと作風が変わった。

何かあったんだろうか。切れてる。


「夜、海へ還るバス」は

レズビアンのお話だけど、それだけじゃなく。

トラウマとレズビアンと普通の愛のお話。

泣くこともなく、笑うこともなく

読み終わると慟哭が聴こえるような

そんな話。


漫画を捨てられてきた。

たぶん同じ思いをしている奴が5、6人居るはず。

私にとって漫画ってほんとうに大事なものなんだが

他人にとってそうは映らない。


漫画を捨てられてもいいように、

一番深いところに記憶するようになった。

「ちひろ」しかり「大阪ハムレット」しかり


漫画は漫画でしか与えられないものを持ってる。

傷のようにおさまってくれる。


誰かに何かを与えるって、たぶん言うほど簡単じゃない。

収まるほど与えるって、できる人にしかできない。


森下裕美。誰が何を言おうと、私は才鬼だと思う。


たとえこの漫画を捨てられても。

深いところが記憶する。

二度と忘れない。そんな漫画もある。


2008-04-30 15:00:00
... --- Next[1]
Page : 0 . 1 .