Series: 自作ゲームのこと 日常徒然 感想&おすすめ 夢日記 プログラムとかの話 サイトのこと ゲーム開発記
Year: 2018 2017 2016 2008 2007 2001
日常徒然

笑えるネタでも探しにいこう

幽霊やスピリチュアルに

傾倒しないほうがいいよねぇ…



現実逃避とか

向き合なきゃ!現実と!とか

いわれると

いつもおもうんだが

向き合うと、顔と顔が面向かいで

自分とむきあっても

ひととむきあっても

前に進みにくい……(目の前に顔だよ)



たまにでいいよ…

あるこうよ……人生……



聞いてみたら

いちばん幸せにいいのは

健康的な生活、バランスのよい食事と運動

そして、笑み、だそうだ。

バランスのよい食事と運動とお笑い……



普通に過ごせりゃいいよね……

毎日健康で

笑ってすごせたら

しあわせになるらしい
2016-08-27 01:00:00
感想&おすすめ

夜、海へ還るバス

要石になるんよ。一番深いところに、収まる。

だから大丈夫だよ。


好きな漫画が何冊かある。

好き、としか言いようがなく

むしろありがたい、とでも言うような。

めでるというより、おさまる。


出会えてありがたい。とでも言うような。


森下裕美は「大阪ハムレット」からがらりと作風が変わった。

何かあったんだろうか。切れてる。


「夜、海へ還るバス」は

レズビアンのお話だけど、それだけじゃなく。

トラウマとレズビアンと普通の愛のお話。

泣くこともなく、笑うこともなく

読み終わると慟哭が聴こえるような

そんな話。


漫画を捨てられてきた。

たぶん同じ思いをしている奴が5、6人居るはず。

私にとって漫画ってほんとうに大事なものなんだが

他人にとってそうは映らない。


漫画を捨てられてもいいように、

一番深いところに記憶するようになった。

「ちひろ」しかり「大阪ハムレット」しかり


漫画は漫画でしか与えられないものを持ってる。

傷のようにおさまってくれる。


誰かに何かを与えるって、たぶん言うほど簡単じゃない。

収まるほど与えるって、できる人にしかできない。


森下裕美。誰が何を言おうと、私は才鬼だと思う。


たとえこの漫画を捨てられても。

深いところが記憶する。

二度と忘れない。そんな漫画もある。


2008-04-30 15:00:00
何をどういっていいかもわからないが

好きになりすぎる漫画がある、

何度も読み返して表紙も中身もぼろぼろになって

手放せない漫画がある

まだぼろぼろにはなっていないが、

「ちひろ」はまさしくそんな漫画で、いつかぼろぼろになるだろう。


泣きもしない、辛くもない。どちらかというと微笑がもれる

だけどすざまじく痛い。

骨がきしむほど痛い、そんなところがどうしようもなく

好きな漫画だ。


現代版娼婦、ちひろ。


ソープ嬢であるちひろの生き方は、

まっとうでまっとうすぎてかなしい。

人間なんだもの。


つよくなりすぎた弱者が

ここには

まざまざと描かれてる。


「毒を食らいなさい」「生き残るために」


陳腐なその言葉が重過ぎる。


泣くほどかなしい真実を

ちひろは何歳のときから知っていたんだろう


あまりにリアルで、

痛いのにかなしいのに、笑ってしまう。

ちひろは20ぐらいになったら真っ先に読むべき漫画だ。

本当にそう思う。好きだ。




2007-08-03 15:00:00
感想&おすすめ

大阪ハムレット

いまさらになってKOKIAを聴いている

いまさらになって

歌詞の意味が、本当にしみたり

私が幼なかった頃、

見れないことって多かった

解っているつもりでいただけで

ぜんぜん解ってなかったって、やっと解ったよ


自分の経験は、10年で

全部だった

よくさ「面白かったけど、それだけじゃ…?」みたいのさ

あの時、見えなかったんだ

見えなかっただけだったんだ、自分が

悪いわけじゃない、

それが、解らなかっただけ

10年が、全部だった


そうだったんだ


今だって20年が全部だ

これが絶対じゃない、全部じゃない、正しくも

悪くも、永遠でも、ないんだよ


月日隔てないとわかんないことって

まだまだあるんだろう、

だからこれから、楽しみなんだ


なんかぼんやりなきそうな

そんな歌詞がすきだ。KOKIAいいよ


久々に号泣した漫画

「大阪ハムレット」

いや1巻から好きで好きで仕方なかった漫画だったんだけど

2巻、レストランで読んだら人前なのにうぐ、うぐ、

と泣いてしまった


なんでこんな胸に響くのか

響くというより、たたきのめされた

人の絶望ってたぶん、暗いんじゃない

底抜けに明るいんだ


現実が絶望だと、生きてかなきゃならないから

明るいんだ


痛みも悲しみも全部明るくて、たくましくて

だからこそ鼻がつんとする感動なんかじゃなく

打ち投げられたような痛みから

涙が出る


がんばれッ

って思う漫画、好きだ

もし絵柄で迷っている方がいらしたら

買ってみてください、絵柄なんか関係ないというか

あの絵じゃないとだめ。


だいたい20後半~30ぐらいの人が

人前で読んではいけません

多分、知ってないとわかんない

知っていたら、必ずなく。

そんな本で、痛いです。


好きです。スキダァ。だから漫画がやめられない

漫画放れとか言ってないで、

どんどんいっちゃってほしい

どんどん描いて欲しい、必ず、読むからァッ!

読む人いるからぁッ


コメディもギャグも恋愛もなんでも

その人らしい漫画なら大好き。雑食でよかった。

あーよかった。



2007-08-03 15:00:00
夢日記


友達と暗い夜道でハーゲンダッツのアイスを買いました。
私はバニラレーズン、彼女はリキュール。
ふたりでぽてぽて歩きながらアイスを食べます。
「レーズンはサイの角でつけるんだよ」
「へぇ、そうなんだ」
だから奥深くまでレーズンが入っているのだなぁ、と私は思いました。
道の角に来て、ふと、振り返ったら、
いっぱいの犬が人に引き連れられて来ました。
しかも何匹かは縄すらつけていません。
私は無性に怖くなって、車道と歩道を分ける白い柵(円←こういうやつ)
の一段目にコアラのように、ぶら下がって、
犬から逃げようとしました。
ここなら犬もとどくまい、と思ったのです。
友達は慌てる私を冷静な目で見て「怖がるから噛まれるんだよ」と言いました。
事実、犬はぶら下がる私にうーと唸って
がぶりとお尻を噛みました。
ちょっと高かったけれど、犬が噛むには十分の高さだったのです。
私は「うひゃあ」と叫んで、駆け出しました。
(いきなり場面転換)
私は道の角を曲がって少し行ったところにある、
時計台(とても高い、木より高い)の一番上に猿のように掴まっていました。
父が私の尻を支えながら、
「ここにいれば、大丈夫だからな、動くなよ」
と言いました。
私が見下ろすと、友達が犬らに追われながら両手を上げて、
あっちの方へ逃げているところでした。
父が「とう!!」と叫んで飛び降りました。
友達を助けに行くのでしょう。
すると犬らは父に気がつき、「がー」「うー」と唸って
父を追いかけだしました。
とても高いところに居たので、父の悲鳴は聞こえませんでした。
2001-01-23 09:00:00
... Prev[65] Next[67]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 .