カテゴリー: All

日記

日常徒然 夢日記 不思議と徒然 ゲーム開発記

そのほか

感想&おすすめ 作品について

不思議レポート

不思議レポート ヒーリングと徒然 神さまのことば 神様と雑談
Year: 2018 2017 2016 2008 2007 2001
この世をなすものの一つに

縁があり、

ひととのこと、だけではなくて

みえないものとのかかわりもまた

縁のひとつであるそうです



うろ覚えなのですが

UFOを研究していたひとを

取材した本に

UFOをもとめるひとが

「なぜか普通の人のほうが

遭遇率たかいんですよね」と

いうのにかえして

「自分もUFOなら

普通の人の方に

くるだろうな......」と思った、と

書かれていて

取材で本音書いていいんかと

驚いたことがあります



いいにくいことですが

......みえないものは

エネルギーやご利益や

縁をもとめすぎて

異様な行為や人間性に及ぶひとより

わりとふつーなひとたちが

好きです......

(たまにドン引きしてます)
2017-06-02 01:00:00
存在が祝福ですから

愛は存在そのもので



人のこころであれば

すべて、愛でして

怒りも愛でして

くるしみも愛でして

うらみも愛でして



もちろん、歓喜や感涙も愛でして



ですから、愛でないことなど

ひとつもないのですな
2017-06-02 01:00:00
ようやく知れたのが

存在のすべてが祝福である、というこだ



神々さまは

ほんとうに

人間も、いのちも

よろこばれ

とうとばれる



この世にあたえられた

存在のすべては

祝福なのだ

(※存在はすべて祝福されている、ではなく)



存在している、が、祝福そのもので

そうして、そこから

ながれでるもの、

すべて、祝福になっている



エネルギーが。



......



そうして、

日々を生きている

人間のこころからわくものは

すべて、歓迎されている



それはすべて、

この世に

祝福をなす

そういったエネルギーだからだ

(自然な行為がプラスになる)



しかし、よく

見極めることができないと

自分ではないものに

まどわされて

それを流して

かえるものを

こうむって

苦しむようになる



自分ではないもの

(人心がないもの)は

祝福にはならないからだ



祝福は、祝福がかえるが

厄は、厄がかえる



エネルギーが。



......



自分であるもの

(ひととしておもうもの)は

あらわしても、あらわしても

歓迎される

(みえないものにも

世界にも、エネルギーが。)



たとえば

ひととしておもうこころは



「自分で、自分のことをしたい」

「また状況や自分のことを

自分をもってきちんと思慮したり

しらべたり(知ったり、理解したり)

分別したりしたい」をもとめる



「自分で決めたことをしたい

またそれを、分かってもらえるよう

表現したい」とか

「理解したい、

自分のことも

理解されるように伝えたい」もある



そこに依存はないし

そうしたことには怠惰もない



まわりに惑わされて

ふらついてる気持ちもない



「相手を苦しめないようにしたい

尊重したい」もあるし

「押し付けたくない、

距離は適切にとりたい」もある



表現の問題ではなくて

自分であるものか

惑わされて吹き出したものか

見極めることが

大切なんだろう
2017-06-02 01:00:00












すきだけど
嫌いなものは
シャケおかか


文句いいしな
おひるごはん


ふたりそろって
天むすび
2017-05-31 13:00:06
Category:日常徒然





風そよぎ
君が笑う
ゆるやかな根と
風の声
揺れる花の
肩越しに
2017-05-31 07:00:38
all ... Prev[105] Next[107]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 . 137 . 138 . 139 . 140 . 141 . 142 . 143 .