カテゴリー: All

日記

日常徒然 夢日記 不思議と徒然 ゲーム開発記

そのほか

感想&おすすめ 作品について

不思議レポート

不思議レポート ヒーリングと徒然 神さまのことば 神様と雑談
Year: 2018 2017 2016 2008 2007 2001










五月雨も 
まだ見ぬ朝に つややかに
さきほこりしは 赤いきみ
2017-05-27 13:29:07
下がっちゃったよおおおと
思っていたのですが


今日は、1000位ぴったりでした……





思わずスクショ。


ひっそり、もそもそするのも
これはこれで、楽しいですね……






















記事の整頓が
ようやく、おわりました


文章かかないと
ランキングアップしないかなぁ、と
思って
ジャンル違いのものを
別のblogに仕分けながら
うーん、ジャンル違い、と
思ったり……


写真に俳句でもつけるかなぁ、とか


でも、でないときは、でない(一言もでない!)


ランキングをはしっこでみつつ


今後も
まったり、ちまちま、
写真と写生を
のせていこうとおもいます
2017-05-27 13:02:30
自分次第



「傍らにいるもの」しだい、には

ならない



……



ひととして

信頼できるから

ことばが染むのです



あなたを信頼するかたは

いわれることばを上回って

あなたを、信頼されているのでしょう



……



エネルギーも

波動も、嘘も

傍らにいる、存在のことも

みんな、わかるように

なっていくらしい



それは

でも、異様なことではなくて

じつは、もう

みんな感じていることで



いい感じする、とかです



それがもうすこし

くっきり、色がふかくなる



……



存在を

たかい、ひくい、で

わけるのは

なにかナンセンスな

気がするのです



しかし、低いものは

あれなのだそうです

支配、コントロールをしたがる



それで、低いものには

気を付けなさい、と

いわれるのです



……



しょせんは

己に似た者が

来るにすぎませんから



こころが低くみに

はまらないように

気を付けなさい、と

いうことでしょう



……



めぐりあう

かれらのかかえるものは

わたしのかかえるものと

似ているので

三人よれば文殊の知恵では

ないですが



ふたりで

こころと、こころで

はなしをしあったりします



たいていは

同じ課題を抱えています



……



私は、知識をもっての

さにわが難しかったのです

それで、できることとして

心話をもって

下のさにわを行っております



「神さまのおんみの下

命を授かり、あるがままに

あなたも私も、掌に生きております

神さまと聖霊の、清らかな愛とお心のもと

嘘いつわり誤魔化すことなく、

真実を私にあかして下さい

あなたの正体を(あるいは目的を)」



こうしたことを

こころから

神様への感謝と

いのりをこめ

三回くりかえし尋ねると

こたえをおしえてくれます

…(こころがあるなら

ことばは簡単にして

「神様の名のもとに」でも大丈夫です)



……



ただ、いたただいた正体を

さまざま評するより……

問いかけをみいだし

己の心を解決する方が進みます



……



教えていただいたら

お礼を申し伝えます

心話で三回も返礼をいただきますから

どのような存在にも



「ありがとうございました

また、めぐりあえたこと

まなびあえることを

感謝もうしあげます」
2017-05-27 01:00:00
愛や慈悲と、書き換えられれば

おおげさなことになるけれど



そういったものは

たぶん

たんなる、他者への敬意にすぎなくて



他者への敬意や、尊重を

やれるひとが

そういった方なんだろう、とおもう
2017-05-26 01:00:00
《否》と《是》があって



わたしには

否のはなしは青色におもえる

是は草花の緑か、オレンジにみえる……



……



否をかさねる、ひとのなかには

《たんなる好み》もあって

いうなら、否も是も

《ひとは勝手なもの》で



否をあてられたとしても

それは《好み》にすぎない



……



人にみとめられるより

自分で、自分を

みとめられる

いきかたを

やっていかないと



ひとの好みや、

あるいは、ひとのこころに、

足場はくめない
2017-05-26 01:00:00
all ... Prev[109] Next[111]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 . 137 . 138 . 139 . 140 . 141 . 142 . 143 .