カテゴリー: All

日記

日常徒然 夢日記 不思議と徒然 ゲーム開発記

そのほか

感想&おすすめ 作品について

不思議レポート

不思議レポート ヒーリングと徒然 神さまのことば 神様と雑談
Year: 2018 2017 2016 2008 2007 2001
私は、「それをあらわす」ときは
ほぼ、真剣をもちだしており
痛みがあることを
理解の上で、あらわしております

……★*・……

嫌悪や好意というのは
問題ではありません

気分が良いとか、悪いとか
そうしたことで
見えない現実を、ふまえ
現実に触れることは、
できません

……★*・……

以前も、神々に
破魔をされる魔物が
はきすてたことば(思い)が
どこぞの方に与えられ
それが神の言葉として
つたえられていた、
そうしたことを
記事にしました

今回も似たような話です

これは、天に仕える方も
よくされていることです

……★*・……

魔物(悪魔)の
醜悪さ、狡さは
たぶん、ふれたかたは
みな、ご存知なのだと思います

それらは
状況をながしこみ
まわりをつかって
「あなたに言わせる」を
おこないます

「それを言う」を
した人は
神の祓い神怒にあいます

なぜなら、
その言葉を通り道にして
魔物が、踏み込もうとするからです

……★*・……

誰かを否定したい、とか
非難したいとか
そこに、足跡があります

「人が悪く見える」
そういう目(心根)が、道をつくります

それをするな、という話ではなく

するなら、生半可なことをせずに
真剣をもちだせ
と、お伝えしたいのです

神の祓いが
そこに、あらわれるとしたら
それが、半端なものを踏んでいるのです

「あなた側の正当性」や
保身を
主張する部分(心根)を
ふくんでいるのです

人を傷つけ痛ませる言葉に
正当性はありません

たとえ、相手が悪くても
その言葉は、刃であり
優しいことでも
正しいことでもなく

そぎおとすためのものです

するな、と、
言いたいわけではありません

「傷つける」ことをまえに
自己正当化、保身、自己の正当性の心場を
捨てることは
じつは案外たやすいことです

言わなければならないこと
相手(あるいは、誰か)のため、なら
なおさら、たやすいことです

自分が、相手を、傷つけることだ、
ということを
ふまえて

それをわかってから
行うなら
神の祓い叩きも
軽くてすみます

邪悪、よこしまにみえることを
削ぎ落としたいという気持ちは
嘘偽りなく……
命への親愛だからです

「なぜそれをするのか」

それは、それが
正しいから、では、
ない

わからないかもしれませんが

ただ、これからも
否を担い、否事をしていくつもりなら

「自分の正しさ」
「自分の優しさ」だから
そうしている、という
自分のための逃げ場をこえて

削ぎたいから、削ぐのだと
心の底から動いてください

……★*・……

「まもの」が好きなものは「あまいもの」です
「あまったるいもの」です

「あなたのため」とか
「自分が正しい」という心影の自己保身は、甘さです
「必要なことをつたえる」とか
「するべきことをする」には
そんなものはいらないのです

無心
本来ことを起こすなら「無心」であることが最上です
無心とは、相手のためとか、自分のためとか
自分が正しいとか、そんなことは
一切含みません

それをする、から、するのです

まず、己への一切の甘さを、
先に、拭い去っておくと
魔物の踏み込みが、なくなっていきます
2018-02-27 16:31:05
戦いの槍をもたげていることを
意識していてください
貴方が望もうと、望むまいと
貴方の親愛は
ひとたちの生活
平和、親愛、慈悲をおびやかすものに
苦しみを覚え
歩みをもたげている

不動明王、および
戦の神々は
強き力をもつ
武王であるからこそ
争うことを厭います

それは完全なる守護にすぎません

貴方の槍も
完全な守護にしてください

諍いは必要ないのです
ただ、時を待ち
護るものを、きちんと
護っていてください
(Voice by 持国天さまより)
2018-02-27 15:10:25
説教臭くなってしまうが

愛せるものとは
かけがえのないものと
こころせよ

私はお前の愛を護り
良縁を護ろう

お前が、誰かを愛せた時
これが良縁なり
おまえが、誰かをありがたいと
わかった時 身に染みた時
これが良縁なり

然にわきたつ、ぬくもりの想い
これが、真の良縁なり

お前が愛せた時
お前に愛をおしえたものに
深き感謝を捧げよう

私はお前の良縁を護ろう
愛をみつける旅にゆきなさい

かならず、愛するものに出会い
ようやく、愛に触れられるだろう
(Voice by 愛染明王さまより)
2018-02-27 11:41:42
どうか、文化になじみ
美芯力(芸術感性)を身につけてください

絵を描いたり
歌を歌ったり
舞をまったり
ものをかいたり

絵を見たり
歌をきいたり
ものをみたり

心を表現することに
慣れ親しまれてください

力の顕れた方々
あるいは
これからあらわれる方々

わたしはそのようなことをとおし
貴方を守り
あなたを、あなたの芯にもどしたり
きよめたりします

そうした才花は
私に触れることほかなりません

ご自分ではできないと
おもいこまないで
筆を取り、こころゆくまで
あなたを表現してみてください

また、佳き才花にふれてください

いま、たくさんの
佳き才花を
過去からも、
神々に触れた世界からも
もたらしているのは
あなた方が思うよりも
意味のあることです

行きたいと思った、
興味を持たれた展示や文化には
さくさくと、行かれてください

よみたい、みたい、ふれたいと思った文化は
あなたの宝となり
ちからとなります

臆することなく
楽しまれ、ひたられてください

私は、あなたの傍らにいます

あなたの喜びとともにいます
(Voice by 弁財天さまより)
2018-02-27 11:10:42
私もふくめてですか
(いつも、私も含めています)

あなたは善意かもしれませんが
すべてではないし
わかっているわけでもないんですよ

そういう話です

★*・……

神々のおひとりである
しくみ、をもつ神様が

ラグナロクにあり
悪魔とその傀儡
その呪いとたたかうにあたり
ひとつ、しくみを
この世に与えておりました

「ひとのすがた」を
あざけり、おとしめるとき
(そのような気持ちでなかったとしても
その様子をもつ言動を、あらわしたなら)

「そのすがた」が
相手に全くなかったら
その言葉は、発したものを縛り付け
わかるまで、はなれなくなる

ましてやもしも
「そのすがた」が
発したものに「ある」のなら
そのものに、言葉は牙をむくだろう

……恐ろしいと思われますか
それとも、たいしたことないことだと
思われましょうか

ひとつだけいえるのは
ラグナロク(悪魔との戦い)は
こうした「約束」が
たくさん。うまれるほど
熾烈なものだということです

……★*・……

言葉というのは呪につながります
呪とは神にあれば神呪となり
穢にあれば呪いとなります

「罪悪感のあるかた」へ

それは、上の神呪により
おとずれています

単純な話です

あなたのはなった言葉が
相手(他人様)に
かからないように
あなたに跳ね返されている

ましてや、あなたに、こそ、
あなたが侮蔑した
その姿があるなら

その姿を
なんとかできるようになるまで
あなたの言葉が
あなたに
かえり
まわりつづけます

……★*・……

無明のなかで
無為に攻撃心をもつ
(そうして、
自覚しなければならない
そうしたことにこそ、無自覚な)ひとたちが

他人様を苦しめないよう
いらぬカルマを
つくらないよう

……★*・……

「真心」か
敬意、親愛以外に
人間の真力などやどりません
ともりません

正しさや、優しいきぶんは
なんの役にも立ちません
立てたように
はなったものが
思い込む、それは酒に似ています

人が酔う

その酒を捨ててください

現実を見てください
なにをし、何ができていますか

魔も、けがれも、悪も
そぎおとすのは
徹底的な理解(思いやり)と、
温もりをもつ人間性(真心)

上記にのべた芯の心力だけです

正しいとか
優しいとか
そんな気分に酔うぐらないなら

いまは、見えない界隈は
大変な有様になっていくのですから

かかわるちからをすべてふさぎ
撤退したほうがよいと
私は、思います

正しい、や、優しいの酒をのみ
気分に酔って
ひたることが出来た日々は
もう、二度と
おとずれないでしょうしね

……★*・……

ここからさきは
芯力(ほんとうの実態)しか
ものをいわなくなります

ことをなせなくなる、と
でも言いますか……

この界隈の大抵の方々が
正しい気分や
優しい気分に
酔っているにすぎないことは

私は、責める気もありませんが

(どこの界隈だって
そうしたものは多いし
ほんらいの自然なら
それは、悪いことではありません)

現実として、視認しておいたほうが
よいような気がします

………★*・……

ほんとうの実態、とは
本音ではなく
本心のことです

愛していますか?
敬いがありますか?
感謝がわきますか?
思いやりに尽くしたくなりますか?

ひとのため

人を思い、愛しくて

心から
それを、言いたくなった
やりたくなったのですか?

……★*・……

実態、
あなたが愛せなかったこと
思いやりすら、なかったことを、
神様はご存知です
また、優しい気分だったことや
正しい気分だったことも

実態、現実
あなたが、しかし
もっとも、深いところの貴方は
意識のあなたよりも
深く愛していたことを
神々は、ちゃんと、みんな
わかっていらっしゃいます

だからこそ
気分に酔いたいだけなら
(悪いことはいわないから)
撤退されることを
すすめられています

もしも、退く日(機会)がおとずれたなら
それは、あなたへの否定ではなく
神様からの
「本当の、やさしさ」というものでしょうね

すなおに、
したがわれるほうが
良いと思います

……★*・……

本当の優しさ、は
「自分の気分が良いこと」ではありません……
2018-02-27 10:15:24
all ... Prev[17] Next[19]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 . 137 . 138 . 139 . 140 . 141 . 142 . 143 .