力を持つ意味

力を持つものは
責任が問われます

……

ほんらいのブラックシャーマニズムは
攻撃性、悪魔性を
おとす、しずめるためにあり
己のそうした面と
向き合わなければ
開花しない霊性です

攻撃性、悪魔性を
つよめたり、暴走させたりするために
宿るわけではありません

(それは垢穢にすぎず
己の心場で、そうした心力と
向き合い、落とし方、鎮め方を
まなぶために現れるものです)

……

ちから、は
自覚と制御がとれて
はじめて美しいバランスを
たもちだします

暴走したり、
力にふりまわされるうちは
まだ、力を使えている、ことには
なりません

そうした方は
使って奉仕(仕事)をしてよいという
許可もされていません

車に振り回される方であれば
ほんらいは、
免許はあたえられませんよね

能力で社会と関わっても良い、という
許可を与えるのは
天界ですから、もっと厳しいです

無免の方や、
能力の制御、自覚がなく
振り回されている方に
お金をはらうことは
無意味なので
よく見抜いて、
回避されて下さいね……

……

ホワイトシャーマニズムと同じように
このシャーマニズムにも格があり

ホワイトシャーマニズムの
わずかな具現をもつかたが
光や愛であることに酔いしれ
逆に、醜さ弱さを「ないこと」にしたり
様々な思い込みや行為により
落ちていくように

ブラックシャーマニズムも
わずかな具現をもつかたは
たいてい、その攻撃性によいしれ
それを暴走させること(念や生霊、呪い)が
力だと誤解されることが多々あります、

しかし、
本来のブラックシャーマニズムは
その己の攻撃性と向き合い
対処力を培うことにより
他者のそれをも
対処できるようになること
ほかなりません

本来のホワイトシャーマニズムが
弁えと献身をもつ、
神々と生命のための生命力であるのを
自覚されているのと
おなじようなことです

「人の役に立てなければ
なんの意味もない」

力はそのようなものです

たとえ力に見えても
心とともに、磨いて、御せて
はじめて役に立てるもの
(どんなものもそうですね)

力に呑まれて、酔いしれて
依存しているのなら
役に立たない、意味がない

神々は「力をもつもの」に
厳しいので
そうした人たちは
容赦なく放任され
無意味なことを求めているよ、とは
教えてはくれなくなります……

(友達は教えてくれるかもしれません)

……

ブラックシャーマニズムは
気に入らないものや
敵にぶつけるもの、
そのためのちから、
では、ないのです

その真髄は、
どこまでも親愛なるものに
むいていなければなりません

ホワイトとおなじことです

エネミー(害悪)に
思えるものに
こころは、向けていては
いけないのです

どこまでも
親愛なるものに向ける

護るための心の場、
あるいは心愛に
芯をたてられなければ

おちていく

ホワイトでも、ブラックでも
かわりなく、
そこに芯がないなら
迷宮のなかで、
道筋がたてられないのと同じ

……

ブラックシャーマニズムは
いわば、
守護と破魔のちからです

ホワイトシャーマニズムの真力が、
真愛からあらわれる
神の治癒や、神の導きのながれ
そこに至らないとき、
能力者こそが
低俗なものの傀儡となるように

悪いエネルギーの破魔にいたらない
ましてや己の悪意すら
破魔できないものの
ブラックなシャーマニズムは
低級霊のえじきです

……

ところで
最大のブラックシャーマンが
よくおこなわれる
ブラックシャーマニズムは
ブラックユーモアだそうです

悪意の滑稽さを表にし
悪意やどすものに
その惨めさにきづかせ
なおかつ、
笑いにかえてしまうんですね

すざまじいことです

……

しかし、こうした能力にかぎらず
すべての能力もおなじことで
ちからは、どんなものでも
「誰かに真心をささげる」とか
そうしたことのために
開花するのだろう、と
私は思うのです、

心を表現したいから、というか

ここでいう「誰か」は
誰でもいいのです
自分だっていいのです

ただ
ちからは、「ちから」であり
それは己を飾るための
たんなる飾りではないんだと
思うんです

飾りとか、
二次的なものを求めていると
いつか、能力とは
別の道に迷い込んでしまう気がします


無意味なものを求めないように
生きていきたいですね……
2018-01-17 11:03:53
Category:日常徒然

淘汰

継続

いろんなこと

最近、面白味がかわって
見えない味覚
見えない舌でも
変わったのかなぁ、だの思う
昔面白くてはまったものが
いまは味気ない

……

続けてきたこと
続けられること

私は、続けられなかったことと
続けてきたことがあって、
続けてきたこと、は
努めて継続してきた、というより
続けられたこと、で
それが私だった、ことのように思う

……

力のあるものも
知恵のあるものも
変わること、変わる時の流れにともない
成長、育んでいけなくなると
流れて消えていく

変化に対応できるものだけが
生き残れるんだって
いったのは、誰だったっけ

変化に対応できること、は
そのまま、
成長であり

たぶん、それが
進み、そうして
一点の極みにたっして
なにかに化す、
進化していくことなんだと思う

……

人間、ひとりひとりより、
ときの流れや
現実がかわること、は
強いことを
たまに思う(強い)

……

継続はちからなり。という

私は継続できたことは
たぶん、変化の時にも
いついかなるときにも
やれたこと、で

それは、たしかに
力が、ほかのことより
培われていたりする

たぶん
いついかなる時にも
なんとなく、どことなく
続けられたこと、って
(私にとって)
本質から
活きているものなのかな、と思う

……

川の流れのように
石がけずられていくように

けずられていくもののなかで
のこるもの

……

淘汰、されていくことを
たまに思う、

私は今、旅先に居るけれど
ここでは、私は
本質なのかどうかは
わからない

ただ、どの世界も
ひとりよりも
時や世界の、現実の変化のほうが
強く

そのなかで、淘汰があって

また個々のしている事にも
それがあって、

否応なしに、流れていく変化の中

残っていくものが、その場や
その人の本質なんだと思う
2018-01-15 19:03:57
「削ぐ」ことが
おしゃれの基本なんですよ

つまりセンスの基本なんね
知識じゃ知ってる

魂の身に、きちんと会得しているかは
わからない

けれど

「これいれるとダサい」ゆうのは
やっぱりあって
ブログでもなんでも
書ききれない

でも、やっぱり、書いたら余分になる、ことは
書かない方が良いのかもしれない、と思う

「忘れても構わない」ぐらいのことかもしれない



添削? ゆうのか
「削ぐ」ことが基本で
「言いたいこと、ぜんぶいう」は
蛇足、ゆうんは
最近分かってきて(ようやく)

やっぱり、色々見ていると
それができる人の
クオリティは、高いと思う


シンプルなほうが難しい、とはよく聞くけれど
できたら「シンプルで魅せられる」とこまで
いきたいなぁ、と思う



まぁ、同じ意味で「自分を黙る」ことが
できると
また違うのかもしれない、とも思う

沈黙は金、雄弁は銀、この言葉を
最近、実感している

センス、な……



まえから「伝える」と「教える」
ましてや「わからせる」は別物だと思っていた

言いたいから言う、は
伝えられない

「自分を黙らせる」ことができるなら
それは、その力は
金(と同じ大切さ)だなぁ、と思う



ところで機械は消耗品です
もう油断しない
2018-01-15 14:43:33
>> 絵本へ

「人間が嫌い」というのは
見たくない闇なのかもしれません

「愛」というのは
そんなにたやすくいないです

それは「感謝」でも「やさしさ」でもなく
自然にそうした気持ちが沸き立つ
(意識でも概念でもなく、自然に)
状態です



意識しないとできないのはなんでか知っていますか?



「仏陀」はこの世にたくさんいらっしゃいます

「人間が嫌い」だったときや
「人間が嫌い」な自分を
覚えているかな、と
私は思います……

「仏陀」や天につながる方は
神聖をあじわいますから
邪悪を嫌悪されます

それは「人間嫌い」と化します

私の知る仏陀も、そうでした



「ブラックシャーマニズム」は
「敵意」でも「悪意」でも
恨み、憎しみでもありません

己の、身から生じる
「敵意や悪意」と向き合い続けた結果
あらわれる霊性

「周りからをも、落とせる」霊性です……



神がやどるのを、「人間の霊性」といいます



人間って面白いですよ
2018-01-15 14:32:14
私は多くのことは、わかりかねますが
賢明である行為というのは
見えないことごとには
とても大切になると思うのです、

それでも私は、
賢明でありつづけることは
到底無理なので、下の2つを
忘れないようにしています


身の程を知ること
また、相手を知ること

……

私の世界とともにあるかたは
見えない世界でラグナロクがあり
悪意、敵意が一掃されるため
現実には、争いが消え果てていく
そのように進化していく世界です

そのため、見えない界隈は
かなり入り乱れて
たくさんの流れが
混沌とし、うずまいています

悪意、敵意の源である
侵略者エイリアンと、悪魔は、
私達の同士討ちをねらい
また、私達をつかい
私達をおとす(金銭をうしなわせたり
幸運をうしなわせたり、
本来もたらされる閃きや知恵といった
最大の宝物をなくさせ、
才能をうしなわせたりする)ことを
つねにねらっています

侵略者エイリアンはとくに
そうした行為を好むようです

「友好をつたえながら」
何かを奪い続けようとするのが
侵略者エイリアンと
その傀儡さんの特徴です

……

見えない界隈の、現実の多くは、
あかされていませんし、かたられてもいません

(それは精神論ではなく
見えないだけの、現実の話です)

それは「自己責任」
己を持って理解しなければならない、
というのが
この世界には常々そこにあるからです

厳しい話ですが

己で把握することをやめ
与えられたことを鵜呑みにする方は
正直、もう、今の流れからすると
たいへん、古い、
その有り様が、世界に遅れてるんですよ……

(ダサいとかではなくて
見えない界隈にふれながら
そのようであるなら
見えない流れに
対処できなくなると思う)

……

ラグナロクを劣悪とする世界を
エイリアン方々は、構築されました
「争いのないこと」
(=侵略エイリアンや
悪魔といったものたちとも
ともに歩むこと)を
平和とされました

悪意敵意がないこと、
闇がないこと、を、
平和と思う方は
すこしだけ、このことに
ご自前の思慮を
さかれてみてください

ないことにすることと、
なくす(きよめはらう)ことは、まったく
違う作業となります

……

知ろうとすること、は
思考停止とは、真逆となります
思考停止しているときは

やたらに、既知の概念に
すがるようになります

とくにブログなんかは
そんなさまがあらわれやすい

ふと振り返ったとき
思考停止していることや
煽られたり
流れから
はなしている、ぐらい
わかるんじゃないかな、と
おもいます

ふと、振り返ることを
しているなら

……

ことば

己のことばに
己で、ふりかえるひとは
そこに、
神の助力があらわれる

つねに、あなたが
あなたを振り返る、なら
あなたの口から
あなたから
あらわれること、が

その時、その都度
あなたをたすけ
あなたに助言し
あなたの力となり

よき友のように
あなたが、あなたを助けられるようになり
あなたと、あなたを通り降りる助力の
二人分のちからで
歩めるようになるでしょう

……

自分を知ることは
百戦をくみかわすより
もっとも、己の実になり
己の助けとなります

また、どのような方であっても
向き合った相手を知ることは
相手とかかわるうえで
やはり、己の実となり
己を助けてくれます

現実をみる、とは
思い込みにすがらないことです

他人であれ、ことごとであれ
そうでないことや
そうであることに「すること」は
現実を見ることではありません

思考停止であり、
そうして、
そこにある概念に縋ることです

現実をみることが、
グランディングです

……

どうぞ、自前以外は自前でないこと
世界は確固たるものではなく
混沌にあることを
わすれないで、
お気をつけていらしてください

もしも、なにかあったら

一度、たちどまり、
ふりかえり
流されていないか、確認したり
状況を、見直してみると
良いかもしれません

現実をみて、知る

頭や気持ちではなく
己の知恵と能力、いのちを
うごかしてみること

大切にされてみてください

……

己が停止していないか、時々確認し
停止していたら、活をいれる
そんな感じでしょうか

……

己を磨き
己をもって、世界につくし
己をこそ、振り返る方は

かならず、
その身の力は深まりつづけ
その身から、あらわれることが

まわりのひとも
おのれのことも
助ける力になります
2018-01-15 12:51:10
all ... Prev[20] Next[22]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 .