カテゴリー: All

日記

日常徒然 夢日記 不思議と徒然 ゲーム開発記

そのほか

感想&おすすめ 作品について

不思議レポート

不思議レポート ヒーリングと徒然 神さまのことば 神様と雑談
Year: 2018 2017 2016 2008 2007 2001
ラグナロクは人間の戦争とは
まったく趣が違います

つまり天使格好いい
戦う神様マジリスペクト

そんで
見えない無意識下では
マジ興奮していたりするわけで

その興奮から
普段の「正気の自分」とは
ずれた好みを(現実で)発することがあります



終焉にむかっているらしいです
(ただ、第二段階目がはじまるらしいのですが)

急に「正気の自分」がもどってきても
今までの自分を
否定しないでほしいな、と
私は思うのです

まして
いままでいた世界とかを
否定しないでほしいな、とも
思います

たんなる超絶格好いいものを
無意識で認識して
興奮していたようなことだと思うのです

ファンってやつですね

(天使は、元祖アイドルですから)



たとえ、神秘の気持ちがなくなっても
焦燥ににた、そうしたことへの
憧れが消え失せても
学んだことは消えないし
自分というものも
変わりません

今までの自分が
自分ではなかった、って
わけでもないんだと
思うんです



しかし、そんな最中に
どんどん神は濃くなられるので……
「あんなに探して
追い求めていた時は出会えなかったのに」
こんにちは、みたいなことが
あるんだろうなぁ

そしてその時は
興奮がおちついて
正気な人が多いだろうから
今みたいにはならないんだろうなぁ、とか
思うので

ちょっと面白いな、と思います
2018-05-06 14:13:01
体調と太りの記録用に
自分の顔写真を定期的にとってるんだけど
なんか携帯の変な機能で
勝手にムービファイルにされてた
2018-05-05 18:09:57
そういや、原始人の幽霊とか
みたことないとか
あるかもしれませんが
神あがりしたもの、
(=霊視ではみえない)には
原始時代をすごされて
その日から
神につかえ、続けてこられた方々、は
いらっしゃいますね

(神社では、
おおきな神様のもとに
結構つかえていらっしゃる)

恐竜とかも結構いらっしゃいます

神様は、
霊視ではみえないのです
たいていは
霊体がないから

原始とか、古代を生きられ
神あがりし、
地を護られている
そうした方々様も
もちろん
霊はありません

ですから
みえません
おすがた。

霊視などで
見えた(つかめた)としても
発光体でしょうか

エネルギーだけを
感じる?感覚でふれられると
そうなるんじゃないかなと
思います

霊って肉体ににて
物質次元にちかいので
のこっても
数世紀すると
すり減ってなくなるそうです

……

さいきん、守護霊がいない
(霊視でみえない)かたが
いらしたりするらしいのです

あるいは、方々の背後を
霊視してみても
守護霊っぽいものが
すくないとか

もしかしたら
もうあがられている方々
霊体はなくて
神命がある方々に
護られているのかも知れません

まぁ、いるんですが
ひとりひとり
確実に

(年の守護神や氏神さまは
確実に、ゆかりのある命を
見守られています)
2018-05-05 16:04:34
横山大観展を見に行った
すごかった……
見えているのか
感じているのかわからないけれど
把握している方だったのだろう

大観は富士の絵が有名だけれど
草木の絵もすごくよかった
呼吸をしているようだった

画壇、画才と呼ばれる
名を残される方は
どこか、把握されていて
また、世界を吸収するように
心に内包されているように
思える

すべて、美しい絵だった
2018-05-04 14:53:05
風が優しいようで
日差しがきつい
ラグナログが進むと
多分外の空気が「きつさ」を増すので
体に気を付けて
いたわりながらいきたい

檸檬とか
ヨーグルトとか

現実は結界でもあるので
「ふらついた」時は
現実の生活を
ゆっくり、丁寧にするととれたりする

掃除とか
窓開けとか
料理とか

ほんとうは
周りに感謝をもつのが
もっともBESTだし
心にかなう力はないものだけれど
そうもいかないこともある……

「さっぱりする家事」や
「すっきりする仕事」って
大切な、また、与えられた
恵ものだと思う

……信仰は心行

……与えられた日々は
どう見えようが
いのち(と、その善性)を
護るために巡りくる

愛があれば大丈夫なのは
みえないところでは
はっきりしている……
2018-05-03 12:59:44
all ... Prev[2] Next[4]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 . 137 . 138 . 139 . 140 . 141 . 142 . 143 .