カテゴリー: All

日記

日常徒然 夢日記 不思議と徒然 ゲーム開発記

そのほか

感想&おすすめ 作品について

不思議レポート

不思議レポート ヒーリングと徒然 神さまのことば 神様と雑談
Year: 2018 2017 2016 2008 2007 2001
たとえば
漫画家としてなるには
自称では成り立ちません
商業誌に載るクオリティを
判断者……編集者方々に、認められ
ようやく、雑誌に掲載され
そこから売れるようになり
ひとから愛され、
もとめられるようになる方々は
ほんの一握りです……

霊能力や
スピリチュアルで提供できるものを
漫画に

そのちからで
そうした界隈に
かかわることを許したり
求めたりする神神を
その漫画家を、雑誌にのせることを
許可したり、求めたりする編集者に
みたてると

「特別と(思い込んでいるもの)は
なんであるか」が
わかるかと思います

……

スピリチュアルや
霊能力の学校にいくことは
この例えでいえば
そういう
漫画の描き方学校みたいな
サブカル学校に通う感じですね

その学校がだされている
雑誌に掲載されて
プロとしてデビューしたことにし
大海にでた方々もいたりますね

(そうした学校は
えてして
そんなことしていたりしますね)

……

まず、天界の許可がおりるんです
わたしからみると
それは「免許」になっています

免許をとったひとって
えらいとか、特別でしょうか
とってないひとと
とるひとがいるだけですね

そこから、売れっ子になる
(神々が仕事をもとめられる)のは
免許ではなくて
車の運転の腕が買われて、
レースにでたりするようなものでしょうかね

……

選ばれる、とか
特別だとか
その概念が
見えない界隈への概念だけ
歪んでいる
歪まされているんです



漫画が、編集者に選ばれるとき
たしかに、特別面白いから、
選ばれます

特別視されているから、では
ないです

編集者に選ばれて
漫画デビューしたかたを
特別な存在なんだね、とか
思いますか?
才能と、尽力を、
特別なんだね、とか
思いますか?
だからって、じゃあ
特別じゃないってことにして
普通のことだ、
普通の能力だとか
そんな思い方、しますか?

……

かれらは
アマチュアではありません
尽力され
磨かれてきたために
免許をあたえられ
また、場をあたえられ
仕事をもとめられている方々です

バカにすることはできません

でも、かれらを特別な存在、
選ばれた存在、と
とるのは
なにか、人間ならば
違和感を持つかと思います

でも、自分とおなじだ、
ふつうだ、と
とるのも、無理があるかと思います

漫画家や
レーサーを特別な存在
選ばれた存在、と
とるようなことです

だからといって
同レベルと見るのは

売れっ子の漫画家
凄腕のレーサーにたいし
一般人でしょ、私と同じでしょ、と
思い込もうとするようなことでしょうね

(才能をもち
努力されてきた方々です
選ばれた(認められて来た)方々です

人間を、特別視するのは
人間は、違和感をもつものです

しかし、その尽力を
一般視することも
難しい気がします)

……

見えない現実は
みえないから
現実より、想像されてしまう

でも、現実とおなじで

「その仕事をする」とは

漫画家としてデビューする
(編集者に選ばれる(認められる))と
同じことに過ぎません

また「その仕事をあたえられている」とは

「雑誌に漫画をかいて
掲載を願われている」
漫画家さんだということです

……

漫画家という、立場を
自慢にする漫画家は
どうしても、潰えていくようです
漫画家が、つくるもの、は
立場ではなくて
漫画だからでしょうね

霊能やスピリチュアルごともおなじです

……

追記

提供されることも
わたしからみると、商業誌の
プロの漫画家の
漫画と似ているなぁ、と思います

漫画って、人生にさえ
影響をもたらす
心が震えることもあります
でも

「我が人生を導くもの」として
自分の人生のこたえをすべてもとめる、って
ないじゃ、ないですか

漫画は、
人生のこたえにはならないです

読者にむきあうことは
必要です、が
読者の人生の答えのために
描かれるものではないです

そんな感じです
2017-12-16 02:34:34
自然を愛する方は
自然が何に傷つき
何に苦しむか 感じとれると
いわれます

清く生きることは難しくても

……

☆ゴミが、海や山をよごすこと

ガイアにつながる方は
なにをたべるな、これをたべろ
あれをしろ、これをするな
パワースポットだ、
プワースポットだろ、
だのでは、なくて

たぶん、ゴミに目がいき
自然と、あたりのゴミを掃除するような
そんなことをされているかもしれません

……

ゴミの問題は切実です

問題、は
そのまま、
人間への、問いかけです

答えるなら、神々も応えてくれます

……

ゴミは、ガイアの
いわば、ホルモンバランスのようなところ
気をゆがませたり、
邪気をたまらせたりして
狂わせる……

ガイア(地球)は、天帝(空)と
ともにある、混合神王様なのですが
(空(天の神)がつつみこみ、
ガイア(地の神)が護られる)

ゴミでの水や地の汚染、
空気の汚染は
そのまま、神王方々の
ホルモンバランスのようなものを
くずすこととなり

それは「くずしたもの」に
責任がもたらされます(カルマですね)

……

(汚す方には、生きている間
ずっと、問いかけが
何度も何度もおこるのですが

どうしようもなくなると、
しまいには
あたえられた人生を
すべて使われ
出した汚れ(汚染エネルギー)を
「魂の中に」問答無用で放り込まれつづけ
そんで死後、
地獄で燃やされたりしていますね

強制ゴミ袋化ですね、キツい話すいません)

(ふつうなら
問いかけられた時点で
気がつくものなので……
そんなんなったりしないので
ご安心ください)

……

☆ホルモンバランスをととのえる

あたりのゴミを掃除したり
空気を綺麗にしようとすることは
ホルモンバランスを整えることにつながります

それは、ガイアと空を
わずかでも整えることにつながるからです

そうした「問いかけ」への「答え」
その人が何に思いやりをもち
どのようにせっしたか、を
ガイアは忘れません……

かならず、その答えに
与えるものがあります

……


土は肉にリンクがあり
水は、血にリンク
木は、呼吸、
空気は気にリンクしています

(火や金も、とある
人間のエネルギーと
リンクしているのですが
すこしリンクの仕方が複雑なので
また機会があったら述べます)

地面を綺麗にすると
肉体が整うようになり
水に配慮すると
血が整うようになり
木々に、思いやりをもつと
呼吸が自然のちからをとりもどす
空気に配慮をもつと
気がととのいます


……

パワースポットめぐりとか
わたしは、神社を愛されている方々には
ほんとうに、嬉しい思いをもちます

パワースポットもよいものです

もしも、自分のエネルギーや
パワーをとりもどし
また、高めたかったら
お部屋とともに、お庭
また、あたりの掃除も
合わせて行うと

そうした
パワースポットから
とりいれたパワーとかも
より、よい応えを
与えてくれるかもしれません

もちろん、自分のパワーも、
高く良くなっていきます

お掃除はおすすめです
2017-12-16 00:23:44
…善意が、完全にむくわれ
繁栄していく時代

……

地球の魂が
神格をあげていくなかで
とうとう、来年あたりから

天界と地球が
融合していくと
いわれます

そのとき、
神神、聖霊は
現実で、そこかしこにあらわれ
確かに存在することとなり

地球の神格の格上げにしたがい
ともに魂の格、
魂の質をあげてきた方々は

神神、聖霊と
暮らすようになる、
そう、いわれます
……

スピリチュアルは
人間のためのものであれば
たんなる人間性、
魂の本質を生きること、

ひとを、
もとの性質
人間性にもどすために
天からおろされた
マジックワールドらしい

カルマがあれば精算されるために
なければ、人間にもどるために

……

言葉でも説明でもない
理論でも理屈でもない
人間を人間性にもどすための
マジックが流れ込んでいる

天の方々は、すべてを
利用しながら
ひとを、人間性に
ひとりひとりの魂に、
もどしつづけてきた

……

人間が、真の人間性が
開花すると
自然にできることがあります

それは、隠され、秘されてきた
人間の真の能力

だからこそ、人間ってものが
ここまで繁栄してきたんだと
腑に落ちるかもしれせん

……

天の方々の存在が
色濃くなりつづけるなかで

もしかしたら
ひとにより
「悪を許せない憤怒」にかられ
涙することが、ままあるかも知れません

天の方々は
悪をゆるさず
それらが、人間にしてきたことを
憤怒し、泣いてこられた

その怒り、悲しみは
天界が濃くなるほど
シンクロしているとき
己のなかにも
理解とともに湧くかもしれません

(静かな、自然なものです)

……

悪のものたちが
なにをしてきたか
それらが
どんなに酷い呪詛を

ながしてきたか

天界が濃くなるほど
明瞭に、真実がみえてくる

……

いかり、は

おおいなるもの、および
天の方々のいかりは

かなり、深く、静かに、恐ろしい

悪がしてきたこと、していることを目の当たりにしたとき

人間は人間だから
人間性から、怒りをおぼえる
それは、いままで
もったことのないような
ふかい、怒りかもしれません

……

その時がきて
混迷と苦しみがうまれるなら

どうぞ、不動明王をおもいだし
すがられてください

かれは、おおいなるものの
すべての神の、
憤怒の具現

かならず、救ってくださいます

……

絵は薬師如来さまです
「うけとります」で
ヒーリングがながれます
2017-12-15 09:35:31
▲不動明王、
「受け取る」でヒーリングが流れます

……

むかつきではない
苛つきではない
それは憤怒
静かな憤怒

……

ムカつきといらだちと
憤怒は、よく感じ取れば
まるで違うものです

ひとに、ムカついているときと
苛ついているときも
怒りの表現になるので
間違えやすい

憤怒は静かなものであり
また、不動のものであり

ことわりにのっとっており
けっして、理不尽でも
わがままでもない
人間の道理からくる

お腹で呼吸をしながら
頭を冷静にしながら
伝えることができるものです

自分か相手に
危険や害悪があることを
されたりしたときに
わきたつものです

ですから

「それをされたら危ないから」とか
「それは害になるから」とか
「そうしたことをしないでほしい」とか
道理にのっとり、道理をもって、
伝えることができるものです

相手を否定することもありません

……

不動明王は神の憤怒のあらわれです
名のごとく、不動の明王さまです

人間であれば
人間のもついかりは
彼が見守ることが可能です

……

いらだち、むかつきは
雑気からくる
雑念がとりまいているために
おこることもあります

不動明王は
それらを浄炎で
浄めてくださるお力もお持ちです

それらの雑念は
相手を否定したがり
制御や支配をもちたがる
ですから
よく、相手の人格否定にいきつきます

人格否定、は
相手の人格を、
己にとって
良いように
かえたがる気持ちのあらわれです

……

人間性が
人間のほんらいの魂

人間性からくる怒りは
道理のはずれたことをされたり
踏みにじられたりした時に湧き立つ

理不尽や、よこしま
危険や、実害に
きづいたり
はずれた道理を
もどすために
わきたつ


不動明王が
見守っているからか

ほんらいの怒りには
理知がともる

怒られると納得したり
腑に落ちたり……

区別がつきます
2017-12-15 06:07:54
▲不動明王の浄炎のお姿
浄化のヒーリングエネルギー
うけとる、で、流れます

……


天帝少女は、

妖怪としてしられている

鳥の羽をもち 奇っ怪な声でなく

そういわれている


おなじものなのか、

ちがうものなのか

私は、勝手に

カリョウビンガと呼んでいる

かおをもつ、ちいさな鳥たちがいる


みえないエネルギー体


かれらは 天のこと

地のこと 光のこと

闇のこと 善のこと 悪のこと

さまざまなエネルギーにのりあげ

くちずさむ


翼でからだをくるんでいることが多い


……


鳥が鳴くように

かれらの意思で鳴くというより

ながれてくるエネルギーに

のりあげて囀る


……


悪のエネルギーに

のりあげて囀るものは

そのものが悪いわけではない


たいてい、負のもの

悪のものを

囀ることにより

ふせいだり、

届いたものをまぬがせたり、

場を浄めたりする


……


カリョウビンガ


かれら、小鳥に似て

囀りながら

エネルギーの海の中

とびかうものたちは


きよらかなものが好き


浄いもののそばに飛んでは

聴こえない声で

さまざまを囀り

祝福を、している
2017-12-15 00:27:22
all ... Prev[37] Next[39]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 . 137 . 138 . 139 . 140 . 141 . 142 . 143 .