祟りも、神様に怒られることも
カルマを背負うことも
怖いことではなくて

なんかしちまったから
かえってくることが
ある、だけで

そうなっているって
だけに過ぎない

そんなものは
怯えないでいいんだと
私は思う

怖い怖いって
しないように
生きるのは
しんどいじゃないか

だいたい
カルマ、というのは
ひとに、せけんに
しちまったこと、な
もんだから
魂だけになると
人は
自分から、
償いたいとも
云うらしい

祟りも
たんに、ひとが
しちまったことにたいして、
返済の波としてあらわれる
みたいなもんだから
きちんと、償い方もあるし
解決、解消の仕方がある

神様の怒りなんか
愛されている命にとっては
温かいよ
有り難いもんだよ

……

どんな思いや念をもたらされても
こわいもんは、ないよ

一番怖いのは
悪意だよ

悪意は
天からうまれるものでも
授かるものでもないから

悪意は、みなもとにかえらない
かえれない

だからそれだけ
気をつけりゃいいんだよ
2017-10-19 01:45:20
朝から三つ

コンテンツ…どことなく、ありがとうと

尾てい骨の穢れ



怒ったり、笑ったり
泣いたり、なげいたり
うらんだり

「すべてがひとつ」

凸凹
代わりが、いない



感情は祝福だ





神も、ひとも
ひとりひとり
ことなる様をもち
同じ様はない



真摯な「怒り」は

受け入れてみれば
あたたかいものが
ともる
2017-10-19 01:08:10

コンテンツ…あわない靴

分離、というのは
わかりやすいもので
「ひとと己をわけて意識する」

人を下に見なしたり
自分を上に見なしたり
知識や知恵に
頼っていたり

そうしてしまうとき
いろんな理由もあるけれど
そもそも「頼っている知識」が
あわないから
そうなることもあります

自身のこころ、たましい
自然な生き方に
合う「知識」や「知恵」だと
「自然」のほうに傾き
人と己の比較や、異なり
そこから生じることごとの
「意識」のほうには
傾かなくなります

足にあうくつと同じく
生き方に合う情報は
自分を疲れさせたり
奇妙な意識の状態に
おかせたりしなくなります

己のこころ、たましい
自然な生き方と
あうものを選ぶと
いろんなことも
楽しいですよ
2017-10-18 02:06:37

コンテンツ…山

すべてが「ある一面」をあらわしていて
自分も、自前の知識も、概念も
「一面に過ぎない」
だから
絶対でも、ぜんぶでもない

私は私の中のわきたつものを
私なりに表現していくけれど

それもまた「ひとつ」にすぎず
「すべて」ではないから
「ほかのひとにとってどうか」は
ほかの人にしかわからない



「すべて」を
おおいなるものの「生命体」と
私は見ている
2017-10-18 01:44:34
料理結構好きなん
得意物は
卵焼きです

豚肉とキムチを
焼いたものつくった
レシピ漫画とか
描いても意味がないほど、
ありきたりーの
かんたんなのーのばっか

まぁ、また描こうかな

……

ココイチでごはんたべたら
シンジくん(えばー)の
携帯置き場をもらえたよ

アンドー
なんか、応募すると
百名にもらえるとかいう
キャンペーンもやっていた

もちろん応募したよ
あたるといいな

エバーはみてません
アニメみてると興奮しすぎるから

……

落語ってさぁ
人間の情けなさや
くだらなさを
笑うんだって
泣くんだって

ほんとかなぁ

今度図書館とかで
借りてきてみようかなぁ
2017-10-17 10:45:06
all ... Prev[49] Next[51]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 .