前の記事の続きになりますが

ひとには
それぞれの神様がいらっしゃいます

守護霊というのは
いわば仏様です

傍らにともにある守護霊とことなり、
神々は上の方にいらっしゃるので
めったに感じることはありませんが
それでも、お一人お一人を見守る
神様、如来さまがいらっしゃる

……

イレギュラーでもなければ
生まれにより
「見守る方」が決まります

「干支」とリンクしてある
十二支の守護尊なんかは
有名ですね

「産まれること」を
見守り、受けてくださったのは
産まれたときの
氏神さまです

こまったときは
遠方の神様より
産まれを観守られた
氏神さまや
今の生活を見守られている
氏神さまのほうが
その人を理解し、頼りを
与えてくださることの方が多いです

……

こうした守護は
そのひとのためにあります

たとえば
ことばにより関わることが
そのひとにとって
学びや良きことになるなら
かれらは会話をされます
(神様は
人間側がキャパをひろげなければ
受け取ることができないので
たいていは、守護霊方々がされます)

「こうだ」ということは
ありえないのです
人の数だけ人生があり
学び方や日々があります

神々はいつも「そのひと」を
みて、
そのひとにあったものを
さしだされる

「ひと」の目の前にあることは
そのひとにあうように
さしだされたものですから
「他の人にとってもそうだ」とは
なりません

……

共通規則(マナー)のようなものはありますが

……

前の記事に
祟られる条件を書きました
その追記ですが
「神様がいった」など
神様の行為を嘯くことも
祟りでの返済に
あることがあります

ふざけ話や
創話なら、踏みはしません

相手の人を
信じさせる状態にあるとき

つまり、啓蒙者や
ミエナイことをされているかた
そうした話により
まわりに、影響がでるかた

こうした立場で
「神様が言った」とか
なにがしかに
「神様のご意思(お心)」をみたて、
周りにつたえる場合
とくに神名をだされると
神様にたいし
侮辱をなしてしまうことがあり
この世からの返済として
祟りがもたらされます
2017-10-11 23:49:35
故意でなかったり
エゴでなかったのなら
神様のことについて
踏んでしまったとしても
それほどの精算は起きません

それでも
起きてしまったとしても

情報をまちがえていたのなり
おもいこみを
してしまっていたのなら
間違いをみとめ
それを、影響を
おとしてしまったところに
あらわしたりするだけでも
精算は、解消されていきます

たいていは
精算にすぎません

ですから、行為にたいして
つぐなうことができたら
解消することも多いのです

……

故意の嘘や、エゴ

なかには無意識のうちに
怒らせるようなことを
繰り返す方もいます

そうした方は
祟られる必要があったり
そこに
うけとったり
学ばなければならない何かが
あったりするのでしょうね

……

現実のひとつに
「どんな人も愛されている」が
あります

だから
愛せなくても
あるいは
誰かに愛されなくても
通り過ぎて良いのだと思うのです

そのひとは
かならず、どこかしらかで
愛されているので

愛せないなら
無理やり、するより
愛せないままに

愛されないなら
愛されないままに

相手を手放される方が
優しい結果になることも
あるのです

……

親愛に敬意

神々は千差万別で
捨てる神あれば
拾う神あり、のとおり
愛せるものが
愛をあたている

私は
それが見えているのなら
そうそう、
人にむごいことはできない、と
思うのです

嘘を教えるとか
暴威をこうむらせるとか……
間違った道に
引きずり込むとか

慈愛は、尊いものです

わかるのなら
目の前の、ひとりひとりの
いのちが
なにがしかの
天なるものに
大切にされ
慈しまれていることを
見受けられるのなら
自然に、
身が引き締まるのではないかと
思うのです
2017-10-11 07:30:21
祟りは、いわば
エネルギーの精算です

毎度書きますが
普通に生きていたら
祟られることは
まずありません

……

例えば、情報や影響も
見えない界隈では
エネルギーとなります

「神様」のことに
ゆがめたり、かえたり
まちがわせたり
損なわせたりするような
エネルギーを、
そこに生じさせたら

もとにもどすエネルギーが
この世の摂理から、生じます

これが祟りになることが
よくあります

……

精算にすぎない祟りと

状況に
人のエゴを加えて
思い通りにしようと、
流れる呪いは
まるで別物です
2017-10-11 04:58:33
霊的センスが高い方の言葉には
そのセンスが反映されます

たとえば
誰かをイメージしながら
そのイメージにむけて
話したとしても

その言葉は
「そのひと」のために
「そのひと」をとおり
あらわれることが多い

……

「これから起こること」や
「心身、霊体」の準備のためや
なかには「忠告」めいた
言葉となることもあります

大切なのは
「ひとのため」「ひとのこと」と
思い込んでいるけれど
そのひとのためのことが
言葉にあらわれている、
そういうことがある、
ということです

……

たまに文中で
ブーメランのように
他者にむけた批判が
その人も、行為していたり
(同一記事でされている方が多いです)

これも、言葉として
そのひとに、忠告や、アドバイス
ナニカが
もたらされているわけです

「その話を耳に入れて聞けますか?」

自分に向けてみると
伝え方は
話し方であることが
わかったりします

……

自分で、自分に
そういってみて
こころをとざすようなら
耳に入りませんよね

……

とくに
霊的センスが高い方は
わりとこうした顕れが多くなります
ひとのことより
自前をなんとかした方が
人にたいしても
良い実を結ぶからです

……

他人よりも
そのひとのほうが
そのひとにあったものを
おろせる

だから
そのひとのためのものが
おりることが
よくあるんです
2017-10-11 03:37:36
さきの記事とかぶりますが

以前も、
見えない世界で
かんしょうをおこす方のほうが
祟られていることを
のべました

それは神様のこと、に
嘘をまじえている方々です

神様のことを
しって、経験されているかたは
言の葉がなんであるか
だからこそ
神様のこと、自体が
神域とおなじようなことで

その領域を口にするなら
ひとのもつ、手前勝手な
嘘いつわりを
まじえてはならない、ことを

嫌というほど
思い知っているのではないかと
おもうのです

神様のこと、について
嘘、偽りを
ついてはならないのです

……

ふつうに過ごしているのなら
祟りにあうことは
まず、ありません

……

神様のことではないとするなら
言の葉への祟りなど
おこりません

自分が思っただけだけ、とか

自分のことや、
人間の精神性のことについての
言及なら
祟りなど、被りません

また、イマジネーションや
創造性ならば
神々も微笑むこと多く
楽しまれる

……

そういえば
他人のことも
「わかってない」のだから
ほんとうは、
決めつけることなど
他人であれば
誰もできません

心を読んだようでいて
雰囲気をよむだけの
他人との関係

他人のこころは
たにんのものです

ですから
相手の心だ、として
みなしたものは
相手のものであるようで
だいたいは
己の心影か、
内心になるのでしょう

……

自前のことや
自前からの創造を
あらわすのなら
侵害はなりえない

他人のことは
他人のものです

他人様のこと、ものを
決めつけることが
他人様の領域への
踏みにじりになりやすく
また暴威になりやすい
わりとね

……

神様も、
(あかの他人が)
そのお心や、有り様などなどを
決めつけることで

それが、
よこしまな侵害にと
なりはてたりする

そうしたときに
言動行為にたいし
祟りが返済される
それだけです

神様のことは
神様のものなんです

……

いわば
本人のいないところで
本人を知らない人たちへ
印象操作しているようなものですね

そりゃ祟られますね

……

他人にたいして
尊重礼儀がある方は
それが自然なことで
自然にしているからこそ

無為自然の
様々なものが行き交う
見えない界隈においても

他の命へ
敬意といった距離感をもたれ
侵害や支配の
かんしょうをせずにすむから
祟られることがないのでしょうね
2017-10-10 05:24:21
all ... Prev[51] Next[53]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 .