[playlist ids="2409"]

川の中の石を集め切るように
むさぼるように
夢中でかきあつめて
ようやく
おちついたら
こんどは
集めすぎた石や砂利が
手からこぼれ落ちるのを見てる

残るのは
見たかったもの、見たいもの
好きなもの、ためになるもの
興味深いもの

このみ

流れるように
かわっていくなか

のこっていくものは
なにか、どこか
共通したものをもっている

……


なんだか熱っぽくてだるい
もうすこし
一緒にいることで
おきるさまざまを
描いたいなぁ、と
ゆうんだけど
まだ早いよ、とゆわれる

まだ、まだ

……

どうでもいいことと
どうでもよくないことの比率が
いつからか、変わってしまった

わたしは小島にいる気がする
魚をとって焼いて食べてる
なんなら小麦だってつくったっていい

はなれたところには船ででる
しいれたら、また小島にもどる

……

今、何がどうでもいいかというと
タダシサとか、タダシイとか

やり方を知りたくて貪っていた
そうしたらなんか今度は
すこしちがう
すこしちがうのが何なのかわからない

魚をとれて小麦ができるからか



そんなことより
もっと多くのことがありそうだ
2017-09-28 05:06:36
不動明王が好きなのは
神様の、憤怒の化身だからかも
しれません

不動明王さまは
化性があられる

私は実は
きちんと怒れるひとがすきです

めったにいません

……

妄執や、悪意
あるいは悪いエネルギー
そうしたものを
すべてふくめて
つきもの、と呼ぶなら

きちんと怒れるひとは
これを自然に祓えます

私には、きちんと怒る、が
お祓いのみなもとのように思えます

……

そこに、その人を否定する、は
ありません
逆に。その人を肯定する、が
あるばかりです

つきもの、は
その人ではない
その人が、その人から、外れたとき
わいてくるものだからです
2017-09-28 00:39:15
然念、

意識しないで
概念のない
集中のときに

あらわれるものが
干渉をもちます

……

呪詛というのは
他人のことを悪として
憎んだり、うらんだりする気持ちです

それは誰もが持ちます

力をもつものは
この干渉範囲が広い

「呪えなければ良かった」と
私は呪詛落ちしたひとが
いうのを聞いたことがあります

意識すれば止められる(できる)では
できない
意識していない時
止められなければ
ながれおちる

できるとき
できないひとを
せめられますか
そうしたら、まだ
しているんです

……

他人を、悪としても
いいんですよ
自分が
悪にならなければ

思い込みになく

そんな心情で
そんなことが、できるなら

……

不動明王にならえば楽ですよ、と
いうのは
憤怒も、憎悪も、
怨嗟も、嫌悪も
ときどき、状況によりわきでて
けせるものではなくて
どうにかしていくものだからです

あれはわくものなのです
かたちとして
もっているものではなくて

ひとを責めるきもちがあるなら
わいているのです

……

かたちにより
とどまりやすい、とかは
ありますが

……

呪詛

憤怒から、怨嗟から
憎悪、嫌悪からの
悪意であります

不動明王の憤怒は
憤怒ながら
悪意なく
ひとの心を
削ぎおとすことなく
浄め祓いをおこなわれる

それは
「わたし」を知っていて
「あなた」を知っていて
なくせないことであり
だから、かなしい
あわれさだと、
わかっているからだと
思うのです
2017-09-28 00:25:07
Category:日常徒然



愛用のラブフルートに
水彩で絵を描いていた
わりとお気に入りにかけた
2017-09-27 09:54:50
ドリンクバー飲みすぎてお腹痛い、
お腹いっぱいを通り越して痛い

……

頭の中にあったものが
しぼんでしまって
それでゴロゴロしている
なんかクサクサしているといってもいい
2017-09-27 06:07:02
all ... Prev[56] Next[58]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 . 137 .