カテゴリー: All

日記

日常徒然 夢日記 不思議と徒然 ゲーム開発記

そのほか

感想&おすすめ 作品について

不思議レポート

不思議レポート ヒーリングと徒然 神さまのことば 神様と雑談
Year: 2018 2017 2016 2008 2007 2001






絵を描く合間に
シロップつくり
今回はグレープフルーツと
プルーンでつけてみた
美味しくなるといいな
3日ぐらいでできるという
こうごきたいです

……

アメブロの記事を移行しなくちゃね
アメブロは
エクスポートがないので
めんどうくさい
なんとかなるかな
2017-08-05 05:10:23
Category:日常徒然

るき


不動明王さまを描きたくなって
先日からずーっと描いてる

不浄を焼き尽くす焔は
殺める苦痛の炎ではなくて
ただ清められる

もともと破壊神さまだから
浄めの焔をともせるのかもしれない
2017-08-05 05:03:37
太陽は父のようです
母のようです
大日如来さま→不動明王さまと
エネルギーおりがある

エネルギー体
神様仏様は
ほんらいは
たぶん、惑星のように
あるいはそれよりも
巨大な方々なのかもしれません

空のように、山のように
おおきなエネルギー流体から
人間のおおきさ
妖精のおおきさ
ちいさなちいさなものに
もとのエネルギー流から
おりられる

それは隙間からさしこむ
太陽のひかりのようです

……

みえないものを
おろす人たちは
パイプラインのようにおもえます
もっと、いうと
受け皿でしょうか
壺のようなかたもいらっしゃいます

ひかりからひかりをうけとり
この世に、流すような

ひかりはひかりです
ひかりというのは
光のままです

……

おぼうさんは
神様仏様をおまねきするのを
かんじょう、と
よばれるようです

かんじょうをされたお坊さんにより
神様仏様の
エネルギー、パワー、性格もことなると

……

ひとの、隣にいらっしゃる
見えない方々は
おおもとの光から
さしこまれた光かもしれません

その光は
この世を歩む
うけとり人により
性格も、エネルギー流も
ことなる

受け皿のかたちは
ひとにより、ことなる

この受け皿を
心とゆいます

……

神様を信じてないひとは
実は一人もいないのかもしれません
しらなくっても

もしも。だれにも
教えられて
こなかったとしても

自然をまえに、こころふるえ
いとしさをまえに、感動し
おもいがたきあがるとき

神様とともにいる
2017-08-04 00:24:25
たまに深海にもぐるように
星星のところに
あそびにいく

天神とともに

ジュピターはシンクロ率が高いのか
遊びに行きやすい
ばかでかい……
風がすごくて
中心に巨大な神様がいる
(お体が雷で
かれは、巨大な顔だけかもしれない)
ドゴォゴォて
雷を吹上がしている

星星のなかには
きちんと生命がある
それは神様とか
精霊とか
肉体がある人間は
やっぱり珍しいのかもね

誰が星の名をつけたんだろう

冥王星は
死の星のように
死神ににた生命体が
うろついている
死の匂いが深い

海王星は
水性のおおきな精霊生命体が
だぱーんだぱーんて
およぎうなりぐるっている

月はウサギがいる
ウサギににている
セーラームーンのウサギちゃんににている(笑)
もう少し白くて
ぽーん
ぽわーんとしてる
聖なる魔力が高い

太陽の日差しがさしこむとき
月も明るく熱くなる
かれらは太陽から聖なる力を
チャージしている

精霊生命体
みえないものたちを
生命とよんで、おなじ生命体として
交わしあう日は
いつか、くるんだろうか

人間が、どんな生命であるのか
2017-08-03 02:14:43


英語、全く読めないわけなんだけれど
英語のsnsのほうが
体感的に楽なのは

日本語だと
「つうじてる」「わかってる」
「はなしできてる」感が
私と違うからかもしれない

私は、日本で育ったのだけれど
いまだに、日本語が外国語とおなじように
つたえにくく
つたわりにくく感じていて

それで、「伝わりにくさ」や
「話のつうじなさ」が
さきにある、英語のsnsのほうが
自分の体感と同じようだから
らくなのかもしれない

……

写真をアップできるブログを探していて
「ここでええやん……」ってきづいた
2017-08-02 03:58:30
all ... Prev[77] Next[79]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 . 137 . 138 . 139 . 140 . 141 . 142 . 143 .