カテゴリー: All

日記

日常徒然 夢日記 不思議と徒然 ゲーム開発記

そのほか

感想&おすすめ 作品について

不思議レポート

不思議レポート ヒーリングと徒然 神さまのことば 神様と雑談
Year: 2018 2017 2016 2008 2007 2001


ソクラテスさんが

無知の知を発見して

何年たったのでしょう

彼もまた、聖霊の声を聞いたといわれます

……

魂って

無知無明なんですよ

魂のままになると

肉体の機能がとれ

じょじょに

常識や、知識とか

外側のためにあったものが

はずれていくんですね

ですから

肉体ではなくて

魂とシンクロがふかいかたは

「無知の知がいいですよ」なんて

自覚もないままに

無知をいだき

無知のままで

どこか、無垢というのでしょうか

いまある知識にたよることなく

いつも、

学ぼうとされる

これが本来の

真の無垢ではないかしら、と

私はおもうのです

私はしらない、

私はわかってない

これってすごく大切な

無垢ではないかしら

古きを訪ねて新しきを知る

「知っている」を

すてるんじゃないんです

「知らないままなの」なんです

そんなふうに

こえたところに

無垢な無知があって

受けとることのふかさが

ちがいます

まなび、しり、わかり、

この経過ってすごく

すごく、たのしんです

「私はしらない」

「私はわかってない」

ここからはじめるの

なんにも知らないまま

新しいこと

たくさん、まなべる

なにがしかを

知り続けるこの世で

無知無明という

魂の無垢を

ずっと、ちゃんと

抱いている方は

やはり、その過程を

なんども味わわれる

うらやましいですな

……

頭でっかちになんか

ほんとうは

ならないんですよ

魂は無知のまま、無明のままですから

魂に、きちんと、かえれば

「なんにもしらないまま」なんです

……

でも魂は「できること」や

「経験の記憶」を

もつんです……

「身につける」って 言うじゃないですか

「身になる」「ものにする」

できることが

そこに達すると

魂のちからになるんです

「身になる」ものを

たくさん、もっていきたいです







★関連リンク

作家別作品リスト:プラトン
2017-07-10 00:36:21


このブログに記していることは

見えないことの、

雑学チックな娯楽コラムです

ひとつは、管理人がかかわりました

見えない命のはなし、

見えない世界のことを

ひとつは、管理人の思ったことを

まんがか、イラストとともに

提供しております

できれば、ひまなときに

ひまつぶしによめる「娯楽」を

めざしています

管理人の思想と、想像と、雑学が

いりまじり、だんだんと

カオスになっていくかもしれません

とにかく

「面白さ」を追究していこうと

おもっております

しんじようと、しんじまいと、

否をおぼえても

是をおぼえても

面白い!って

おもえるサイトにしていきたいです

よろしければ、ご笑覧ください







★このブログの本家は「花の星」です

こちらのブログに掲載した絵も

アップしています
2017-07-09 22:16:38


そっちょくに

闇のエネルギーは

悪いものではありません

依存をもたらすものにも

なりません

……

他人を何とかしなきゃ!というのが

わりあい、ふかみにある

闇のエネルギーです

肯定のばあいは

「癒さなきゃ」ですし

否定のばあいは

「したほうがいいことを

させなきゃ」(=人がしてない)ですね

光のエネルギーは

つねに自転していますから

「みずからを行う(照らす)」もので

「他をなんとかしたい」は

光ではないんです

「ほかをなんとかしたい」は

慈悲であれば慈悲につながります

きわまる闇のエネルギーは

母の愛に似て己がありません

「自分はできているのに

あの人がしてない

(だから、あの人がするべき)」では

なくなり

「した方がいいことを、

つたえる」にかわる

あるいは

「満たす」「癒す」に

……

なんだか

毛布みたいですね

毛布といえば

スヌーピーの

ライナスの毛布をおもいだします

ライナスをまもる毛布

わたしには

闇のエネルギーの

慈悲の象徴

そのものにおもえます

ライナスは、毛布から

いずれはなれ

ひとりで生きていきだすかもしれません

毛布をわすれて

それでも、

ライナスへ毛布が与えてくれた

深い安心感をもちながら

……

ただしさのエネルギー

ただしさの影には

つねに、「まちがい」が

うつしだされるんです、が

そんなことは、

どうでもいいんです

……

闇のエネルギーと

光のエネルギーを

バランスよくうけとりながら

陰陽のなかを

ひとは歩んでおります

「なんか、さいきん

良いことないな」ってときは

もしかしたら

陰陽のバランスが

崩れているのかもしれませんね

……

はざまにいる人間は

エネルギー、

闇の慈悲(安寧)と

光の慈悲(克己)、どちらも

ながれうけとれます

そのときの、

心のエネルギーの状態により

闇の方がよいときと

光の方がよいときがありますから

時々の好みで受けとると

よりよく満たされるかもしれません
2017-07-09 22:00:51


できないことが多いと

ひとをなんとかしよう

ひとを、なんとかしようと

してしまう

無理ですよ

だけど

ひとをなんとかしよう、と、

してしまう時も

わたしは

信頼関係がある間柄なら

あたたかい行き交いにおもえます

というか

他人の姿のほうが

よくみえる

信頼の地では

伝えあう行き交いは

とてもあたたかいです

……

マインドは

現実をいきるためにやどり

魂のできていることは

マインドにのぼりにくい

(自然な行為になるので)

出来ないこと、が

マインドには、のぼりやすい

……

イージーではないですね

でも、シンプルだったりします

シンプルなことは

いつも、イージーでは

ないようにおもえます
2017-07-09 20:29:37


ミカエルさんは

蛙さんとなかがよくて

お釈迦さまも

蛙さんと仲好しなんです

絵を描かせてもらうたび

ほむらをまとわれているので

なんでだ、と

おもっておりましたら

かれは

東をつかさどり、

焔をつかさどるんですね

……

さきほどの記事で

闇と悪はべつもの、と

記しましたが

闇は、夜や

いのちや心身の病みにも

つながります

そこには

さまざまないびつが含まれます

いびつ、ゆがみ、はずれもの

いたん、はぐれもの……

……

そうした闇は

わるいものではなくて

むしろ、病んだときや

よわったときに

ひっすとなるエネルギーで

だれもが

きずついたり、苦しかったりしたとき

「心弱り」のように

「自分を大切にする」闇が

とばりのように

おりてきたりするものです

抱かれれば

安寧をあたえてくださいます

……

闇のエネルギーを

になうかたは

もしかしたら

少々、甘やかしやすく

許しやすいかもしれません

もしかしたら「なとなく変てこ」かも

しれませんし

「ナルシズム」があるように見えるかもしれません

光の方とことなるエネルギーだったりするから

誤解されてしまったり

するかもしれません

それでも低級霊とか、まものとかではないのです

人に安寧を

ゆがみさえも優しさを

そんな風な

慈悲のエネルギーです









★本日から、こちらのブログに掲載した絵をサイトにもアップしています
2017-07-08 09:38:02
all ... Prev[88] Next[90]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 . 137 . 138 . 139 . 140 . 141 . 142 . 143 .