カテゴリー: All

日記

日常徒然 夢日記 不思議と徒然 ゲーム開発記

そのほか

感想&おすすめ 作品について

不思議レポート

不思議レポート ヒーリングと徒然 神さまのことば 神様と雑談
Year: 2018 2017 2016 2008 2007 2001


ミカエルという

天使さんがいらっしゃいます

日本では釈迦如来さまと

シンクロされていることが多い

(エネルギーなので

こう、じざいに

流動されるのでしょうか)

(個人は消えません、ひとつになる風?)

かれは悪魔を駆逐するために

この世にたびたび

おりたたれる

たぶん、ほかの方々もそうでしょうね

……

エネルギーといえば

わかりやすいでしょうか

悪魔も、天使さまも

実在しています

……

不動明王さまも

腐敗を駆逐されます

ほむらと、剣により

ミカエルさまも

……

ストレートに記しますと

みえない世界は

ファンタジアではなく

サファリに近いです

天のものも降りたつこともありますが

(ひとや、いのちをくう、くいものにする)猛獣もおおい



……

さてここから少し長文で

私見になりますが

サファリにちかい

見えない世界のことを

記しておこうかと思います

よろしければお付きあいください







見えない世界は大きく二つに分かれていること






ここで

「ほんもの」を

天につながるかたとしますと

「にせもの」は

悪(猛獣)につながるかたです

見えない世界は

このふたつのエネルギーで

わかれております

……

たくさんの、

天につながるかたが

たびたび書かれていますが

みえないことを

されるかたのなかには

悪につながるかたも

たくさん、たくさん

いらっしゃいます

それは、根をたどると

「生命への冒涜」という

エネルギーです

……

前に、記事で

さまざまな存在の

特徴的なものを記しましたが……

生命への冒涜のエネルギーとつながり

それを使命(役割)と、

になわれている方々は

ほかの方々の

真似や、ごまかしや、うそが

とてもうまいので……

特徴的なもので

みわけることは

難しいかもしれません

……

ミカエルさんのエネルギーと

シンクロされるかたは

厳しいことばを

宣われることがあります

善悪のジャッジに似ていますね

……

そのうち

すべてのかたが

わかるようになる、と

いわれますから

そうしたら

天のかたのもつ

心宿る否定や、怒りと

「生命への冒涜」をする方々の

他者への侮辱の

エネルギーのちがいが

みんな、みてとれるように

なるのでしょうね

……

冒涜のかたがたは

いつも、

よいこと風にみせたり

まっとうな批判にみせたり、するんですけど

なんかもう

中のエネルギーが

他者への苛立ち(他の存在への苛立ち)

もうすこしたどると

他者への冒涜そのもので……

みえるかたが

それを闇といったり

低級霊といったり

いやもう、かれらは

使命、役割が

生命への冒涜ですから

そんなもんじゃないですよ……

……

あとで書きますが

闇と悪は、

根元からべつものです

……

注意として、とか

いらないような気もしますが

ひとまず……

「生命への冒涜」を

役割、使命と担われているかたと

「生命の祝福と慈しみ」のかたが

いること

「冒涜のかた」のかたは

うそや、ごまかし、よそおいや

「真似」が

非常にうまいこと、を

いちおう、記しておきます









具体的な例








エネルギーは

大きく二つに分かれていて

「生命を冒涜する」エネルギーと

「生命を祝福する」エネルギーがあり

それぞれ、役割を担われている方々が

いらっしゃる、ことを

上に記しました

ここからは、具体的な一例です……

……

「生命を冒涜する」エネルギーを

担われている方々のなかには

「神を冒涜する」役割を

されているかたもいます……

神域をけがしたり、

見えない汚いエネルギーでよごしたり、は

オーソドックスで

わかりやすいものですが

「信仰をおとしめる」とか

「神さまを疑わせる」とか

そんな状態に

ひとが、なるように

しむかれていたりします

一例ですが

まったく、人格のひくいかたを

「神である」とか

「神のことばがおりてくる」とか

してしまったり

これだけでもう

「神様をうたがわせる」には

十分な効果をねらえるんですね

わざと、

パワースポットではないところに

「パワースポット★ツアー」と

しょうして、開催する……とか

無垢に神々さまを

信じる方々の

信仰への踏みにじり

神様と、信仰への冒涜ですね

……

いっぽうで

神々さまへの信仰を祝福し

また、たてなおす方々も

たくさん、たくさん、

いらっしゃいます

特別なことではありませんし

能があるかないかではないのです

神社をそうじしたり

感謝したり

お祈りをされたり

大切にされて日々をすごされる

そうした方々は

依存ではなくて

「ともにある」かたちで

神様とかかわられていることが

おおいです









おわりに






サファリな話しは以上です

そんな方々が

うごめいているのが

見えない世界です

じつは、わたしは

上のような話を

「気を付けてね」と

記したいわけではないのです

「そんな世界なんです」と

お伝えしたいのです……

こんなサファリな話を

エンターテイメントというか

雑学というか

娯楽ものとして話したい

できるかぎり

雑学チックな娯楽を目指して

これからもぽつりぽつり

のべていこうかと

おもっております

お楽しみいただけたら幸いです
2017-07-08 07:12:58




青の波は

美しく、治癒力をもち

人を癒すといわれます

心がさざ波たち

いらだつとき

やさしい青にふれると

落ち着くともいわれます

私はあたたかなオレンジいろとか、

金色とか

透き通った赤も好きです

……

痛みがあるとき

薄暗い色の方が

人を癒すといわれます

黒とか、茶色とか、ふかみどり

なんとなく、巣の色みたいですね

ゆっくり眠れるところで

眠れば

痛みもいえる

……

保護色(茶色とか)が好きなほうか

攻撃色(派手な色)が好きなほうか

みえないエネルギーの方々は

お好きな色をまとわれる

あるいは

好き、と、こころが

あらわれたとき、彩りとかわるのか

保護色が多いかたは

保護がつよいようです

……

マリアさまは

透き通った青がお好きなのか

もともと癒しをおもわれているからか

ひとが癒えるやさしいブルーを

まとわれる
2017-07-08 05:47:28
織姫と彦星


七夕の水彩画
完成したらサイトに掲載させるよ


今年は、晴れて、ふたりがあえるといいな
旧暦の七夕は違う日なんよね……





7月12日から
絵画のグループ展に参加します
またサイトでも、こちらでも
詳しく告知します







完成した!






2017-07-07 10:39:24
 




 

なにげに昔のバックアップから

再掲載させているよ

いろいろと

 

ラジオが出て来て

自分の声が

叫びはじめた時点で

聞くのをやめた

 

昔の、関わってくれた方々は

今のわたしをみて

また関わってくれんだろうか?

 

また関わってくれたら良いな……

 

……

 

そう言えば今日は七夕だ

ねがい叶うなら

なんか、うまくいえないが

 

きちんと、たのしく

やっていきたいな


2017-07-07 07:00:00
「さあヨカナーン

これでとうとう

あなたは私のもの

私はお前に口づけをするわ」(サメロ)



サメロの物語をみるたびに

悲しさを覚え

胸苦しくなります

サメロがほっし

首をとられたヨカナーンは

聖者でした

聖者は性業というものがなくなり

俗な恋というものを

身にできなくなるそうです

そこにやどるのは

ただひたすらな全てを愛する

無償の愛、慈しみであると

いわれます

全愛は個人の恋には

こたえてはくれません

全愛はすべての生命への愛であり

すべてをいつくしんでいらっしゃる

そのため

個人の恋には、こたえられない

……

聖者への恋で有名なのは

日本では「きよひめ伝説」もあります

こちらも僧侶への恋から

執着へかわり、うらみへかわり

蛇になって巻き付いて

最後は死に向かいます

……

サメロは無自覚なふうあいでしたが

ヨカナーンへの恋慕が

その胸には

たしかに

やどっていたのかもしれません

一説には

イエスキリスト様を裏切ったユダもまた

イエス様への思慕をかかえていたといわれます

……

圧倒的な全てへの

無償の愛にたいする失恋

愛をゆたかに持ち

おしげもなく、人たち、いのちに、与える人に

むけられた

その人を

個人のものにしたがる恋情

けっして、恋は、かえってこない

たしかに俗から生まれた恋かもしれませんが

そこにはなにか

決して報われない絶望のような

物悲しいものが見て取れるのです



★物語へのリンク

サロメ (戯曲) - Wikipedia

安珍・清姫伝説 - Wikipedia

太宰治 駈込み訴え
2017-07-07 04:01:22
all ... Prev[89] Next[91]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 . 137 . 138 . 139 . 140 . 141 . 142 . 143 .