人へ、ものを伝え

また、やり方などをおしえたい、ときは

やってみせればいい



めのまえで

なんども



それが、よさそうで

やりたくなったら

やりはじめる



やっているときのエネルギーを

つたえる、みせる



動き

エネルギーの動き

体、こころ、生活空気の動き



やり方と……、その結果が

伝われば(うけとってもらえれば)

それでいい



のちの

選択をふくんだ思慮は

ひとのもの
2017-06-07 01:00:00
必要な言葉が口からポロポロこぼれながれる

他人にいっているようで

自分に必要な言葉なのだと思う



なぜ、他人に必要な言葉だと

思い違えるんだろう……



ひとはみな自立した魂をもち

それぞれの生活がある



言ってあげなきゃならないこと

教えてあげなきゃならないことって

なんなんだろう



……



だいたい、自分に

いってあげなきゃならないこと

教えてあげなきゃならないことが

他人へのものだと

姿を変えながらわきたつ



……



とりあえず

言葉になったものは

気をつけている



いまの自分が

気をつけてほしいことなんだろう



自分ができればいいんですよ、と

あのひとはいっていた

ひとのことは人に任せなさい



……



信頼できる人の心は汲めばいい



……



言葉は不思議なものだ

いったとたん

自分がそうしようと試みる

できているかもチェックする



そのために

言葉にするのかもしれない
2017-06-07 01:00:00
いついかなるときも

自分が、いま、いるジャンルとは

ことなるジャンルがあり

また、日々や生活があることを忘れず

「ほかの世界を知ること」を

積極的に求めていきたい……



世界はひろく

さまざま

さまざまな生活や

ひと、生き方、思想、哲学

たのしみ、よろこび



ジャンルは、同一の密集《地帯》だ

とくに、思想めいたことが

密集しやすい《地帯(フィールド)》だ



わたしは、ずっと

いまのわたしと

違う世界や

生き方や

まるでちがう地帯があること

生きている日常(空気)があること

思想があることを

みようとしたり

感じようとしたりすることや

そのやりかたを

忘れないでいたいな



……



日々思想はジャンル……



狭い世界で生きていること



世界がひろくて

たくさんの

ほかの、ことなる、

ジャンル(日々や、生や、思想)があること



ひとりぶんでしかないこと

ほかのひとは

ほかの世界や生活や、思想や

日々があること



……



図書館で本を借りまくる……

ま、偏るんだけど

小説は他のひとの思想がひゅうひゅうあらわれる



文化って

文明とおなじく

人を手助けしてくれる

楽、自由にして

ひろくしてくれる

ありがたいな、と思う
2017-06-06 01:00:00

















紫陽花の季節です


花は生物ですね
咲いたときにみにいかないと
枯れている……


コバエの季節でもありますね
「聖★お兄さん」でみかけた
「めんつゆトラップ」を
試す季節でもありますね……
2017-06-04 17:27:41
Category:日常徒然






此花、さいきん
ちいさな、黄色い花が咲いてきて
この白いところ、が
つぼみだった


おどろきだ
2017-06-04 11:53:10
all ... Prev[96] Next[98]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11 . 12 . 13 . 14 . 15 . 16 . 17 . 18 . 19 . 20 . 21 . 22 . 23 . 24 . 25 . 26 . 27 . 28 . 29 . 30 . 31 . 32 . 33 . 34 . 35 . 36 . 37 . 38 . 39 . 40 . 41 . 42 . 43 . 44 . 45 . 46 . 47 . 48 . 49 . 50 . 51 . 52 . 53 . 54 . 55 . 56 . 57 . 58 . 59 . 60 . 61 . 62 . 63 . 64 . 65 . 66 . 67 . 68 . 69 . 70 . 71 . 72 . 73 . 74 . 75 . 76 . 77 . 78 . 79 . 80 . 81 . 82 . 83 . 84 . 85 . 86 . 87 . 88 . 89 . 90 . 91 . 92 . 93 . 94 . 95 . 96 . 97 . 98 . 99 . 100 . 101 . 102 . 103 . 104 . 105 . 106 . 107 . 108 . 109 . 110 . 111 . 112 . 113 . 114 . 115 . 116 . 117 . 118 . 119 . 120 . 121 . 122 . 123 . 124 . 125 . 126 . 127 . 128 . 129 . 130 . 131 . 132 . 133 . 134 . 135 . 136 .