Year: 2018 2017
さにわ

やり方再記します

「主神の名のもとに
誓いとともに
名をなのられよ」と
三回尋ねてみてください

三回目でわりと本性があらわれます

三回、主神のもとに名を明かすこと
名乗れなければ立ち去るという
奇妙なルールもあるので
立ち去られたりするかもしれません

……★*・……

もののけは
同じ言葉を繰り返せません
電話をかけた、うけたさいの
「もしもし」は
電話口のあいてが
もののけでないことを
確認するために使われた繰り返し語句でした
申し申しが略された言葉です

なぜなんでしょうね

怪しいときは、申し申し、
二度語句なんか、使えるかもしれませんね

……★*・……

煙草や線香、煙あげるものは
軽めの良い祓い
または、己戻しになりました

いまは、煙で逆に
体がしんどくなりそうな気配なので
かえられるなら
切り替えたほうが良いかもしれません

……★*・……

ほがらかなわらい、
おなかをかかえる爆笑は
良くないものが
最も嫌うものです

あるいは
感涙、感謝の涙
これもそうです

笑える映画でも見ると
とてもスッキリしたりね

……★*・……

拍手、柏手は
その場をひとそろい清められます
四股をふむのもかなりgood
気合入れて行うとより良いですね

……★*・……

基本のお塩
海はありがたいものですね
砂糖も大切なものです
日本酒の清酒はやはり格別ですね……

……★*・……

趣味をもたれると世界が変わります
様々な意味で、です

俳句も、詩も、うたも、舞も、絵画も、手芸も
意外なところで
ゲームも漫画もアニメもテレビも
ほかもろもろ
この世の文化は
やがて、己を助ける力に変わります

楽しみごと、おおいと
とても良いですね
2018-02-19 14:14:00
▲不動明王さま
祓い清めのヒーリングです
よろしければどうぞ

……★*・……

天界からもたらされた能力者に
つたえられることは
「お金はあなたを守るためのもの」だから
「お金での支払いのもと、
(神様にかかわる)
仕事をされてください」です

プライベート(趣味)ではなく
ビジネス(しごと)として
お客様と向き合い
成果をもたらすこと

これにより、相手(お客様)と
(能力者の)己の身をも、まもれます

公私混同(感情移入など)をしないためにも
またこうしたこと(神ごと)に
無責任にならないためにも

「仕事」、という姿勢を
推奨されています

……★*・……

金銭支払いは
ひとによりますが
天界の加護がある場合
ひと仕事
一万円からの基準があり

安値では三千円からもありうります

十万を超す場合は
天界加護にない術式を
されている可能性があります

……★*・……

天界医療(ヒーリングや術)は、
病院と似ていて
病院にかかっても
保険があれば
三割負担などですむように

天界加護内(いわば保険内)であれば
一割か三割負担ですむようになっています
(それが大体
ひと仕事一万円ぐらいです(←三割))

高い場合は、
天界加護外(保険外)の術式か

あとは違法モグリです

……★*・……

ヒーリングなどのエネルギーは
己にもどるはなしを以前しました

(ご自前で、ご自前の考えを
かためてもらうためにも
あの記事には書きませんでしたが)

微妙なはなしなのですが

エネルギーに金銭支払いは
絡ませることはできません

(エネルギーは、基本、
己にもどるので、
これをするとカルマになります)

金銭の支払いが発生するのは
能力者が行う
「しごと」にたいするものであり
「エネルギー」にたいし
(対等な支払いになる)金銭は、
一部の例外をのぞいて
ありません……

……★*・……

その、一部例外には、
次元がかかわってきます

次元が下の方に
上のエネルギーを
術式でもたらしたり
提供したりする場合
三割負担にならなかったり(保険外扱い)
提供するものの基本底値が
はねがあることがあります

……★*・……

基準価格(上記)をこえて

ぼったくられたら
自分の次元が
その人より下だと思えば
いいんでしょうかね(笑)

その人が、あなたより
もちまえのもののほうが
うんと上(良質)だと
思いこんでいる可能性もありますが

……★*・……

前の話で
「金銭は能力者を守るために」を
書きましたが
それには、この「次元」のことも絡んできます

高く取ると
下の次元まで、自力を適用しなければ
ならなくなっていきます
(上次元のちからを
己の身(命や魂)を削って
下次元にほどこすようになります)

安くすると
自分より
上の次元のひとたちへの仕事に
なりやすくなります
(安すぎると別の問題があらわれますが……)

適正価格(保険内三割)は
己がいる次元の範囲でのみ
仕事をすることに
なりやすくなります

どの次元まで
神や霊的な仕事を行うか、で
価格帯が、上下変動します

(見えない力は
価格が先ではないんです
価格によって
かかわる次元が適化され
そこにあらわれるんです)

……★*・……

ここ(次元)をフリー(自由)に
されるかたは
支払いは、相手に任せられますね

そうすると、
どのような方とでも
関わることとなりますが

この形式には
「相手に必要なだけ、
相手が買う(受け取る)」法則がのるため

能力者のうけとるものと、
与えるものの対価交換が
たしかになっていくので

自前のカルマや、領域に
被るものが少なくなります

……★*・……

無償(ボランティア)は
またべつの天界加護と規則があります
が、それはまたの機会に。

……★*・……

能力者さんのうちで
天界加護にあり
支払い金銭を「感覚」で
決められてきた方は

こうしたことをもとに
チェックしなおされると
どうしてその価格になったのか、が
わかるかもしれませんね

……★*・……

こうしたことに、かかろうとする方は
見えないちからを使い
ものをほどこすこと、なおすこと、は
病院とにている、と
とらえれば
己の、その状態にたいし
相手がすることの行為の内約
(病院のようなものとして)
それに、どのぐらいの支払いが
対等な金銭になるのか、も
なんとなく、わかるかと思います

……★*・……

能力者さんで

神様とご相談されて
価格を決められている方は
もっともベストかもしれませんね

神様の目で
次元をみて、あたえるものをみて
きめられる上に

最終的には
その神様が責任をとられるので
安心されると良いかもしれませんね

……★*・……

いろいろあるけれど
あとは言いません……

こうしたこととお金は、
相性よさそうで
極めて最悪の相性です

現実をみずに
下手をうつと火傷じゃすまなくなるので
とるのも、はらうのも
まぁ、よく考えて、お気をつけてね……
2018-02-16 17:10:40
★シェア記事★
危ない瞑想の見分け方

以下、青文字は引用▼
「こうした企業は修養の手法に独自の名前をつけて、さまざまな瞑想法や理論を組み合わせたメソッドを作ります。さらにインストラクター認定といった資格制度を作るケースも多い。もともと国家資格ではないので好き勝手に制度を構築でき、ベンチャービジネスとして取り組みやすいんです」


……★*・……

先程、私が書いた「カルト多いよ」記事を
まっこうから否定される記事です

私が見えない界隈で
ほどよくドンパチしてんのが
カルト多いってだけで

現実しらべたら「悪徳業者」のが
多いのでしょうね

もとでがあまりかからず、
お金が儲かるうえに
訴える人も少ないから、でしょうか……

目からうろこでしたわ……

……★*・……

わたしは、見えないものが
見えるようになってから
ひどい孤独を感じ
なにか、奇妙なきもちになって
なんでもすがりたくなったのを
覚えています

そのころから
私には本物かどうかが
「輝き」で見て取れるようになったのですが

本物のかたでも
どなたも
「私とは違う経験」をされていて
「私とは違う把握」をされていて

「私を支えてはくれない」ことが
ブログからも読み取れたのですね

それは、冷たいことではなくて
今にして思えば
「突き放した優しさ」だったのかもしれません

把握の仕方、
この世界に不安になり
だれかにすがろうとすると
かならず、「違和」をあたえられる

なんにも考えていない、
ほっしていないとき、は
その姿、背筋に
「学び」を見うけて授かる

そんなこんなで
私は、みえないことは
人に聞いて縋っては
ならないことを
わかってきました

「しりたい」と
「すがりたい」は
違うんですよね……

……

経験は、
己への学びのためにあります

天からあたえられる
「己の為」の
いうなれば、バイアスがかかっています

バイアス……
認知視野にもあるものですが

あたえられる経験自体が
「あなたのための」の
個人傾向があって……

ですから、
誰の経験も、
絶対的なものではなくて
個人個人のものに
チューニングされている

……

上のような
こっち系のビジネスをみていて
私は
「霊的体験」や
「霊的感性がある」ひとほど
そんな自分に指針がほしくて
上のような記事の、ビジネスに
からめとらわれやすいのではないか、と
思うのです

……

……自分のことは
人にすがらないほうが
良いと思うのです

不安でも……

自分にあたえられるものは
自分のものであり
ひとのものではなくて
ひとのものは、たぶん、
人のものでしかないです

すがる、のと
たよりにする、とか
まなぼうとする、とか、では
まったく、違う結果になります

私は、強さって
パワフルなこと、では、なくて
タフなことだと思うのです……

……タフに、自分を生きていきましょう
2018-02-10 11:08:37
たとえば
漫画家としてなるには
自称では成り立ちません
商業誌に載るクオリティを
判断者……編集者方々に、認められ
ようやく、雑誌に掲載され
そこから売れるようになり
ひとから愛され、
もとめられるようになる方々は
ほんの一握りです……

霊能力や
スピリチュアルで提供できるものを
漫画に

そのちからで
そうした界隈に
かかわることを許したり
求めたりする神神を
その漫画家を、雑誌にのせることを
許可したり、求めたりする編集者に
みたてると

「特別と(思い込んでいるもの)は
なんであるか」が
わかるかと思います

……

スピリチュアルや
霊能力の学校にいくことは
この例えでいえば
そういう
漫画の描き方学校みたいな
サブカル学校に通う感じですね

その学校がだされている
雑誌に掲載されて
プロとしてデビューしたことにし
大海にでた方々もいたりますね

(そうした学校は
えてして
そんなことしていたりしますね)

……

まず、天界の許可がおりるんです
わたしからみると
それは「免許」になっています

免許をとったひとって
えらいとか、特別でしょうか
とってないひとと
とるひとがいるだけですね

そこから、売れっ子になる
(神々が仕事をもとめられる)のは
免許ではなくて
車の運転の腕が買われて、
レースにでたりするようなものでしょうかね

……

選ばれる、とか
特別だとか
その概念が
見えない界隈への概念だけ
歪んでいる
歪まされているんです



漫画が、編集者に選ばれるとき
たしかに、特別面白いから、
選ばれます

特別視されているから、では
ないです

編集者に選ばれて
漫画デビューしたかたを
特別な存在なんだね、とか
思いますか?
才能と、尽力を、
特別なんだね、とか
思いますか?
だからって、じゃあ
特別じゃないってことにして
普通のことだ、
普通の能力だとか
そんな思い方、しますか?

……

かれらは
アマチュアではありません
尽力され
磨かれてきたために
免許をあたえられ
また、場をあたえられ
仕事をもとめられている方々です

バカにすることはできません

でも、かれらを特別な存在、
選ばれた存在、と
とるのは
なにか、人間ならば
違和感を持つかと思います

でも、自分とおなじだ、
ふつうだ、と
とるのも、無理があるかと思います

漫画家や
レーサーを特別な存在
選ばれた存在、と
とるようなことです

だからといって
同レベルと見るのは

売れっ子の漫画家
凄腕のレーサーにたいし
一般人でしょ、私と同じでしょ、と
思い込もうとするようなことでしょうね

(才能をもち
努力されてきた方々です
選ばれた(認められて来た)方々です

人間を、特別視するのは
人間は、違和感をもつものです

しかし、その尽力を
一般視することも
難しい気がします)

……

見えない現実は
みえないから
現実より、想像されてしまう

でも、現実とおなじで

「その仕事をする」とは

漫画家としてデビューする
(編集者に選ばれる(認められる))と
同じことに過ぎません

また「その仕事をあたえられている」とは

「雑誌に漫画をかいて
掲載を願われている」
漫画家さんだということです

……

漫画家という、立場を
自慢にする漫画家は
どうしても、潰えていくようです
漫画家が、つくるもの、は
立場ではなくて
漫画だからでしょうね

霊能やスピリチュアルごともおなじです

……

追記

提供されることも
わたしからみると、商業誌の
プロの漫画家の
漫画と似ているなぁ、と思います

漫画って、人生にさえ
影響をもたらす
心が震えることもあります
でも

「我が人生を導くもの」として
自分の人生のこたえをすべてもとめる、って
ないじゃ、ないですか

漫画は、
人生のこたえにはならないです

読者にむきあうことは
必要です、が
読者の人生の答えのために
描かれるものではないです

そんな感じです
2017-12-16 02:34:34
さきの記事とかぶりますが

以前も、
見えない世界で
かんしょうをおこす方のほうが
祟られていることを
のべました

それは神様のこと、に
嘘をまじえている方々です

神様のことを
しって、経験されているかたは
言の葉がなんであるか
だからこそ
神様のこと、自体が
神域とおなじようなことで

その領域を口にするなら
ひとのもつ、手前勝手な
嘘いつわりを
まじえてはならない、ことを

嫌というほど
思い知っているのではないかと
おもうのです

神様のこと、について
嘘、偽りを
ついてはならないのです

……

ふつうに過ごしているのなら
祟りにあうことは
まず、ありません

……

神様のことではないとするなら
言の葉への祟りなど
おこりません

自分が思っただけだけ、とか

自分のことや、
人間の精神性のことについての
言及なら
祟りなど、被りません

また、イマジネーションや
創造性ならば
神々も微笑むこと多く
楽しまれる

……

そういえば
他人のことも
「わかってない」のだから
ほんとうは、
決めつけることなど
他人であれば
誰もできません

心を読んだようでいて
雰囲気をよむだけの
他人との関係

他人のこころは
たにんのものです

ですから
相手の心だ、として
みなしたものは
相手のものであるようで
だいたいは
己の心影か、
内心になるのでしょう

……

自前のことや
自前からの創造を
あらわすのなら
侵害はなりえない

他人のことは
他人のものです

他人様のこと、ものを
決めつけることが
他人様の領域への
踏みにじりになりやすく
また暴威になりやすい
わりとね

……

神様も、
(あかの他人が)
そのお心や、有り様などなどを
決めつけることで

それが、
よこしまな侵害にと
なりはてたりする

そうしたときに
言動行為にたいし
祟りが返済される
それだけです

神様のことは
神様のものなんです

……

いわば
本人のいないところで
本人を知らない人たちへ
印象操作しているようなものですね

そりゃ祟られますね

……

他人にたいして
尊重礼儀がある方は
それが自然なことで
自然にしているからこそ

無為自然の
様々なものが行き交う
見えない界隈においても

他の命へ
敬意といった距離感をもたれ
侵害や支配の
かんしょうをせずにすむから
祟られることがないのでしょうね
2017-10-10 05:24:21
豆知識&やり方 ... --- Next[1]
Page : 0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 .