絵にしても
詩にしても
歌にしても
踊りにしても

なにかを
「表現する」とは
祈りに近く

神様への供物として
されていました

忘れ去られた今でも
そうした「流」は
命にあって

「なにかをあらわす」とは
世界の「命の流」に
ひとつの「息吹」を
流すことになります

☆彡

自分のしたことは
自分にかえります

それを知っているものは
今はもう少ないのです

ですから
なにかをあらわすことは
その身にかえることだというのを
忘れ去られてしまっているのです

☆彡

「ことばにならない処」には
はじまりのとき
歌がありました