わたしたちもまた
おおいなる神様から
何段階か、神様を経由して
分け御霊になり
肉体をもって
生まれてきている

ですから、「座禅・集中して心を味わう」とか
「ヨガのような心身をともなう運動」とか
「うたう、おどる、えをかく、詩をうたう」
己を表現することとか

そういう
「こころ」に
心地よいことは
わたしたちの、たましいの内の
ふかくにある、「芯」をふかめ

もともと、
もっている「こころのちから」を
深めることにつながります

☆彡

感謝、感動すること、喜ぶこと

心が動くことは
心に良い

☆彡

お祓い、お浄め、回復、治癒
お祈り、神社参り、ご先祖の供養
いろんな、そうしたことは

ここのところに
つながっていて

「わたしたちが私たちの、
ほんとうのところに還り
生きる道を整えなおす」

己の「芯」をふかめ
「外側からくる、幻想や穢れ」を
はらいのけて
生きることに
つながってくる