うたう月

月がりーりーと
啼いている夜だった


「いい月ですね」

***

月の、音は
りゅうりゅうと
ふるえる音

今日 笑って
明日 ないて
あさって ほえる

まるで 光が
おちてくる
美しい星の ささやかな
またたき

ちか ちか ちか ちか
月は 静かに しずかに
見守っている




***

 ふ、と
 気がついたんだ

 私はこの世の中を つくりあげる
 ひとのなかの ひとつ

 すべてではないから
 すべてはしらない


***

月が歌うよ
愛の歌
あれは 愛の歌

太陽の陰に隠れて
つきはシットしているんだなんて
昔は思っていた

でも 気がついた
違うんだ

月は いつも
愛の歌を ただ
たまに歌って
たまに見守って

太陽も 月もこの星も
みな 愛の歌を奏でている
すべて たがいに

愛の歌を
ささやいている

恵みへの 感謝と
互いへの 祈りを


***




 私が、たしかに
 この世をつくる
 ひとというなの ひとりであって

 それ以上も 以下もなくて
 すべてにはなれないことを
 知ってしまった夜

 私が たしかに
 たんなる 人の中のひとりなんだと
 すべてことなる人間のなかの
 ことなるひとりなんだと
 気がついた朝


***



私の都合のいいように この世界と
 かかわりたいと のぞんでいたから
つらかったんだ

 どうしよう なんて
 思い通りにしたい なんて

 どうにもできないことを

 思い通りには
 できないことを

 かんがえても
 できないことを

 私ではないことを


***


 なにもかも

 私ではない あなたは
  私の知らないところで
   きっとけなげに 毎日を過ごしている
 
 あなたではない 私は
  昨日笑って 今日ないて 明日 ほえる
 
 毎日

 流れているから


わたしが できることは


***


貫くだけなんだ

 貫くだけなんだ




***


あなたは 私ではない
私は あなたではない
それぞれ 流れの中で
ひっしに けなげに
信じている 道を
歩めばいい

ひとりであることを おそれないで


コントロールできない
流れの中で
できることは いつも


私を

奏でること




***


 この世の森の中 鬱蒼と茂った
 すべての
 森羅万象の ただひとつにすぎない私は 
 私の愛を 私になりに
 にないつづける



 つきが 月であるように
 たいようが 太陽であるように

 わたしが 私であるように

すべて ひとりぶんの

ひとり ひとり