もしも
ひとのやくに
たちたい の なら
だまること を おぼえればいい

ことばを なくして
はなしを やめて

きくことを おぼえればいい

 

もしも
なにかを はなし
なにかを したいなら

 あなた が

すくわれたいのだろう

***
ひとの思いを
きけて、はじめて
わたしと、ひとが
わかるんです
***




黒頭巾とよばれています
おおかみさんに
食べられかけた
赤頭巾とは
すこし違います

***

おおかみさん、あなたはどうして
牙が生えているの




お前を食べるためさ



そうだと、思ったの

***

ああ、いけない
会社にちこくする
おれがいなきゃだめなんだ
と、彼は走っていきました
だけど
じつは
自分がいなくても 世の中が回ること
あと
いないあいだに
なにをいわれるか
わかったもんじゃないってことだと
思ったの

***

たおれたひとをみて
ああ、ほら
わたしのいうことを
きかないからと
笑う



たすけてもらうより
たすけあげるほうが
楽しいですものね



「私がいなきゃダメなのよ」


***




***

頭巾をどうしてかぶるのさ





余計な言葉を話さないため
とじておくため
歯と唇をもらった

余計なものをみて
余計なきもちをおぼえないため
まぶたをもらった

ただ 聞くためだけに
 耳はひらいている
とじないために

***

感じるために
こころをもらった


***
【ひとの思いも】

【お前のすがたも】

【その、本心も】

【お前の言い分が】

【きえたところから】

【はいってくるさ】

***

ひとに、はなしながら
自分を、だます

人の思いを
聞かないため

自分の本音に
きづかないため

話し続ける

***



おおかみさん

思いを漉していくと

ふたつぐらいしか

のこらないのよ

好き か

好かれたい

おもう か

おもわれたい

***

おおかみさん

おおかみさん

おおかみさん

怖かっただけだよ

***



***

しじまが お前を





教えてくれる