じぶんさがし なんて
かんたんじゃない

自覚すれば いいだけだよ

いま どうして なぜ

人への りゆう いいぶん 必要ない

わたしは なにを どうして しているの



本音が いちばん みたくないんだよ

***
そりゃ、最初は
びっくりしたし
とまどったわ




金色の角がはえてきたのは
ずっと昔
それはまるでたけのこのように
頭ににょきにょきはえた

指先で触れるといたがゆかった

そうか、これも皮膚のひとつか
まだ固まっていないから痛いんだろうな

そう、思った

***

これが
たけのこだったら
よかったのに
食べられたしさ




石を集めて
今日の食卓を
飾ろうと思います

***

「ねえ、いいものあった?」




この人はミンナさんです

「もうすこしあつめたら、帰ろう」

***

占い師です
街角で
占いをしていました
わたしもよく、通っていました
あのころ



いつも仕事で
怒られては、笑っていた

だってそうでしょう
泣いたら、迷惑だし
怒りかえしても
よくないわ

隣にすわっていた
ぎりぎりさんが
ある日こなくなってね

おこられすぎて
おくさんを たたくように
なったんだって

誰も、わらいながら
はなしていた

たたきながら 泣いているんだって

そう、ああ、いよいよ

彼のゆくえを
わたしは しらない



手のひらを見せて帰る日に
ミンナさんは
わたしにいいました

うん、今の彼とは
うまくいくわ
だいぶ良い相性よ
でもあなた、恋愛にむいてないわね
いまはね、うふふ
じゃあ、はい、お代金

そういった、そのあとで

***




***
ひとを指導したり
支配したりして
愉しむ奴もいるけれど
あたし、指導とか
されて欲しくないんだよね

***




***




***

ミンナさん
いつか
世界が、もっとずっと
平和になって
だれもが
傷つけあわないと
いいのに

―― あんただって
 傷つけてきたのに
 なにを いっているの

傷つける人は どうして
傷つけるの

―― 人を好きになることは
 人に 傷つくこと でしょう

***




***




***

たりないのは ひとの すがたなの



 なぜ それをするの
 
 いま なにをしているの
 
 どうして あなたは そうおもっているの



人から欲しいものを
たくさん その手に

 人を苦しめてきた

***

傷ついたことなど 忘れた

傷つけたことは 忘れない

忘れてしまうから、忘れない

***

胸をさぐれ

***

ひとへの 思いは

盾でも 剣でもない



あなたへの 鏡だよ

***




***