うずらさんと
なまずさんは
友達でした

やわらかなかみをもつ
うずらさんは
やわらかなうろこをもつ
なまずさんに
あこがれていました


さんさんに雨がふる
やわらかなあめ
しずかな、ぎんいろの雨が
すべてを水に
ひたしています


***


うずらさんは
さけのみのなまずさんに
あうために
よいおさけを
つくりました
よいおさけなので
ほどよく
おいしく呑めましょう

なまずさんのいえにはいると
なまずさんはお酒のひょうたんを
そとにさらしていました


***


――どうしたの?

――あめふってるから
さけ、ふやしとんよ

――


***


***
黒い黒いおたましゃくしは
うたっています
ちかちかとまたたく
なにか、ふしぎ
あたたかいのに
ピチピチするうたです
***
――たれもみな
しあわせに
なりたいから
たれもみな
ふしあわせの
みなもとを
さがしている

――しあわせを
さがしわすれ……

***

――たれもみな
すかれたい
たれもみな
きずつきたくない
いたみ、おびえ
たれもみな
きずつけたくない
いたみ、おびえ

――たれもみな
まよいご
たれもみな
まよいご


――ひとといたいな
ひとといるのは
いたいな
いたいな

――ひとといたいな

――たれもみな
ひとといたい
ひとといると
いたいから
いたいから
いたいんだよな



***


***

なまずさんは
かえるになるまで
ひょうたんにいれたいと
いいましたが
でられなくなったら
かわいそうなので
にがしてあげました

おたまじゃくしは
すこしだけ
よっぱらっているようでした