うた

すわる
しり、から
あたまにかけて
とうめいな、いっすい
さきほこるは蓮花
月明かりが清浄する
星の音
こころしずまる
しゅうちゅう
己のめのまえ、日々に、
こおん
こきゅうする
しんおん こころ
しずまる魂
あたたかなしずけさ
胸、とくんとくん

あし、たしかに、あしどり