私は多分


死ぬとき



私を誇れると思うんです










死ぬことも、逃げることも、


この道にはない




たとえ、叫びが潰えても

たとえ、誰もが、罵倒をくれても

 そんでも。





舌噛んで

食い縛って

言葉なんて、飲み込んで、




いつか、傷が、乾いて、そこから蛆がわいたとしても

















戦え。





死んだ時、やっと



誇れるように。