2018-01-15

「仏陀とブラックシャーマニズム」について

>> 絵本へ

「人間が嫌い」というのは
見たくない闇なのかもしれません

「愛」というのは
そんなにたやすくいないです

それは「感謝」でも「やさしさ」でもなく
自然にそうした気持ちが沸き立つ
(意識でも概念でもなく、自然に)
状態です



意識しないとできないのはなんでか知っていますか?



「仏陀」はこの世にたくさんいらっしゃいます

「人間が嫌い」だったときや
「人間が嫌い」な自分を
覚えているかな、と
私は思います……

「仏陀」や天につながる方は
神聖をあじわいますから
邪悪を嫌悪されます

それは「人間嫌い」と化します

私の知る仏陀も、そうでした



「ブラックシャーマニズム」は
「敵意」でも「悪意」でも
恨み、憎しみでもありません

己の、身から生じる
「敵意や悪意」と向き合い続けた結果
あらわれる霊性

「周りからをも、落とせる」霊性です……



神がやどるのを、「人間の霊性」といいます



人間って面白いですよ
Series:(noSeries)