2017-10-18







すべてがひとつ、というのは
とてもただしい反面
大事なことを
「なら
皆仲間なんだから
してはいけない」で
そぎ落としていく

「山」

すべてがひとつ
中で生きている
「命」として
すべてと
かかわっている

だから

辛い目にあったら
怒っていいし
憎んでいいし
恨んでいい

「かんじたこころ」
すべて

それも「山」のひとつで
それも、すべてのひとつだから

「なかまだから」と
「完璧な調和」をめざせば
拒絶がうまれる

「傷」にたいする
「苦悩」
それと
表現

これも山の一つ




だから
精霊、神々も
自由に祟るし
傷つけられたら
自由に怒り
それを表現する

「怒られること」
悲しまれること
嫌われること
恨まれることも
すべて

幸いの

命の活気のひとつだ