雷がなって

だうだう、だうだう

嵐が降りてきたよ



……

わたしは



君を、尊重できないものを

尊重しないでほしい



君を、大事に思っていないものを

大事にしないでほしい



君が、幸せになれないひとなら

はなれていいから、はなれてほしい



他人をしるひとは

他人をしっているから

他人とはなしあえる



ひとと向き合うひと、は

自分ではない、他人が

そのひとが、生きていること

そのひとに、日々があること

そのひとに宿る

それまでの人生を

わかっているから、踏みにじらない

自分も、生きてきて、日々があるから



また、見えない力がほんとうにあるなら

頭がしらなくても

いかされていることを

わかっているから

他人と、己の大切さを

身を切るように、覚えている



見えない力があっても

なくても



人は、大切なものだから

君を、大切にできないものとは

はなれてほしい



……



心のど真ん中から

あなたが、あなたを

どう思おうが、どう評価しようが

この世にうまれたからには

この世には

あなたが、必要で、

あなたが、大切なんだということを

理解して、

あなたが、あなたを、ではないし

ひとが、あなたを、でもなくて

この世が、あなたを、必要なんだと

理解して

そのうえで

ちゃんと、心があり、思いあえる人としか

関係など、いらないことを、理解して

心のど真ん中から、ふかく

自分を、守ってください