欲望より
おっかないのが
さみしさと
不安なんだと
そのひとは
いつも いっていた

たまに
気が向いたら
話を聞きにいった

***

木の扉、すこしゆがんだ洞に
なにかしらない
女性の像が彫られている




そのひとが
ほったのかときいたら
違うという
じゃあ、誰かと聞いても
教えてくれない

***

不安にかられたときの
対処法とか
怒りに駆られたときの
こころの落ち着け方とか
よい、お茶の飲み方とか
教えてくれた

それ以外のことは
なにもいわない
たまに、嘘をつかれた

***

アメリカバイソンはね
花をよけて歩くんだ
なんでかって
ほら、花は綺麗だろう
あいつらだって
綺麗なものは
踏みたくないんだよ




***

月のきれいな夜は
月は、機嫌がいいだろう
ほら、ぴかぴかしてさ
あんまり綺麗だから
砂漠の蟻だってうたうんだよ

月明かり
砂は銀色
ところどころのサボテンが
青緑にひかって
プレーリードック(うさぎみたいないきもの)や
すなあらし、ありやごくつぶし
たくさんたくさん
砂のなかからはいでてくる

銀色の砂の上で
彼らは静かに、青い影を落とし
何の争いもしないで
月をみあげて、ただ
みんなで、うたうんだ

***

さいれんない……

***

君の知ってる
あの人が
いっていたよ

君はほんとに
あかごのとき
わんわんわめいて
笑ったり
泣いたり

なに考えているんだか
さっぱりだったって
わかりあえないまま
こまっていたって

だから
口をひらいた時
うれしかった
わかりあえそうで
うれしかった

***

なんねんたって

ふ、と
気がついた

ことばがあるから
少しは
わかりあえていると
思っていたんだ

やっぱり
もしかしたら
なにも
わかりあって
いないのかもね
***




***

わずかに
かさなりながら

ゆずれないところも
わかりあえないところも
たしかに
ありながら


君が幸福なら
うれしくて
不幸なら
かなしい
***


***

月明かりのない夜
その人の家の明かりは消えない

ふりむいても
ふりむいても
いつまでも、消えない