バグは
ちいさなふかふかの毛と
ちいさなつめをして
ふいふいるう
ふうふいふいと
なきます


***


いつでも
ひとのそばにいて
ひとのあくむを
おいしくたべ
すいすいすいとる
いきものです

***

やみのこいよるで
くらやみが
まるで音をたてるように
ひきつめあっています
月はなく
ぱたぱたと
なにかの羽音が
たくさん、たくさん、
あちらこちらから
ひびいています

その羽音が
みょうにおもく
きっと大きな蛾なのだろうと
マピルマさんはおもいます

ほどよい
しずかな夜でした

***

マピルマさんは
となりわきにいた
ばぐをかかえこみ
――ばぐはまったくおとなしく、されるがままです

ばぐに耳うちしました

***

――どうしても
とれない
ゆめが
あるのです

――それは
どうしても
とれない

――どうしても
ゆめのなか

――おきてから
くるしみだけが
のこっている

***

水のながれる窓の外
赤い花が
黒い黒いみきに
たくさんさいていて
あおい雨に煙られている

部屋の蛍光灯は
ちかりちかりとまたたいて
やさしい穏やかないろあいで
ひかりを部屋に満たしている

おともなく
ただ、窓のみずが
なみうっているから
雨はまだ降っているのだとわかります

しめったように
あたたかな
ばぐは、ひとつだけ
ためいきをついて


***


しばらくだまって
それから
ゆっくりと
つぶやきました

あくむをすいとること
ぼくはできても
あくむをつくる
きみをかえるのは
きみなんだもの……

***

こころぐろりと
ぬられている
いかり、
にくしみ
ひとを、せめて、さばいて
ひとを、
ひとばかり みている
その目は
きみのめなんだもの……

みょうにさみしそうな声

***

マピルマさんは
はんたいしようとして
そうしたら
なんだか
くやしくなって
かなしくなって
こんなきもちは
はじめてで
むやむやとして
すこしだけ、わらいました

なんだ……
かんたんなんだね


そうなんだよ
かんたんなんだ


かんたんなんだよ

***

マピルマさんは
ばぐの、そのふかふかした毛に
あたまをのせ
めをふせて
ねむりたいとねがう
マピルマさんは
わらいながら
ねむりたいとねがう



ねむる
ふかいねむりが
ほしいと
おもいながら
ねむる